Recent Articles 最近の記事

カテゴリー

タグリスト

ブログ内検索

リンク

プロフィール

ゆとびっち

Author:ゆとびっち
英語が好きなのに、数学の方が得意で理系大学に。メーカーで研究開発業務につくが、2人目生むとき会社をやめ専業主婦に。TAE-BO歴8年。今はテニスばっかりやってます。リンク歓迎です。

お勧めページ

映画の感想って観た時の心境、年齢、期待、いろんなもので変わります。TVの予告は百害あって一利なし。ネタばれなしの前田有一さんの批評を映画を選ぶ指標にしてます。
息子のページです。拍手を楽しみにしているので、、、
娘のページ。小説だそうです。カンムーン星に住むカンガルーの話

アメリカンアイドル仲間5senseさんのページ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

スペイン アンダルシア その3 コルドバ

さて、寝台車で移動だ。
チケットを持って、駅のインフォメーションデスクに行く。
「この電車はどこですか?」旅のスペイン語を屈指して聞く。
「*%&$」返事は、多分数字。
何番線って教えてくれたんだ!とホームに行く。でも、なんか、違うみたい。
もういちどインフォメーションへ。
「&%#*+」さっきと同じ返事だったのか、違うのかさえもわからない。この駅は2階建て。他の階へ行けと行っていたのかな?
。。。。。
またもやこういうやり取りあって、なんとか電車には乗れました。

早朝コルトバについた。駅の前にはタクシー数台。運転手の一人が美声で何か歌を歌っている。

最初に行ったのはレンタカーのオフィス。しかし、今思うと、これは大失敗。コルドバの町は小さくて、車が邪魔!!宿でも駐車場代を取るんですよ!もし、今後旅行に行く人がいたら、コルトバ街中で車を借りるのはやめましょう。移動の時に、借りましょう。

泊まった宿は若干高かった。そのせいか、朝食にはフレッシュのオレンジジュースが出た!おいしかった。

観光はもちろん、メスキータ。

スペインは、夜は遅い。7時くらいに夕飯を取ると、閑散とした店内で食べることになる。9時以降に夕食すべし。(昼はシエスタをするべし)

どこで行ったのか忘れたが、フラメンコは二度見に行った。一度は、料金も高いきちんとしたフラメンコがメインの店。二度目はフラメンコがついでみたいな店。ついでの店の方が印象に残っている。美少年ダンサーのパンツのチャックが壊れて、開いてきちゃってかわいそうだったのだ。

タグ : スペイン アンダルシア

スペイン アンダルシア その2 バルセロナ

写真を見ると、フラッシュした写真は私の眉毛がない。結婚式で薄く整えられて、眉毛はかかなきゃいけなかったらしい。

町の移動はたしか、バスや地下鉄で行った。回数券か、観光客向けのチケットを買ったかもしれない。
バルセロナの町は道が広くて今思うと車移動の方が楽だったのかもしれない。この後回る町はどこも道が非常に狭く、一方通行も多くて、レンタカー移動は至難の業だった。

スペインの人はとても親切。女性は小さくて、可愛い
バス停で時刻表など覗いているとどんどん喋りかけてくる。でも、スペイン語。わからん。
私は夫より英語が若干できるはずなんだが、スペインでは夫の勝ちだった。ハートで会話する夫はなぜか相手と意気投合。意味わかんないらしいのに、相手の発音をオウム返しに繰り返すので、相手は通じた気になって次々と喋りかけてくる。そして、最後は「わっはっは」と笑い合っている。不思議だ。

家具屋で気に入った家具があった。それを日本に送るのにどうしたらよいか、値段はいくらか?みたいな会話を夫はジェスチャーと手書きメモで完璧にこなしていた。すごい。

数日後に控えるコルドバへの移動のためにチケットを買いに駅に行った。チケット買うのも一苦労。窓口はいっぱい並んでいた。
とりあえず、左端に並んだ。自分の番になった。「4日後の、コルドバ息のチケットをください」 「+*&%$#!」
どうも、この窓口ではないらしい。その右隣に並びなおした。自分の番になった。「+*&%$#!」
またもやこの窓口ではないらしい。その右隣に並びなおした。自分の番になった。「+*&%$#!」
違うって。その右隣に並びなおした。。。。。やっとチケット買えた

おそらく、「当日、国内」「当日、国外」「後日、国内」「後日、国外」みたいにチケット売り場がわかれていたらしい。

まにゃーなまにゃーな、心地よい発音の言葉を何度も聴いた。この単語は今後も何度も聞く。最後のあたりでわかった。「マニャーナ」は「明日」という意味らしい。

ガウディの建築物を見るのも、スペイン語がわからないせいで時間がかかった。カサ・ミラだったと思うが、一日目、時間外だと断られ、2日目、定休日で、、、って感じで3,4日通ってやっと見られたものもあった。

夫はヨーロッパの町並みが初めてで感動して写真ばかり取っていた。
私は夫にサグラダ・ファミリアを見せたかった。
サグラダ・ファミリアは、4年前に卒業旅行で行ったときと比べててっぺんのあたりがカラフルになっていた。この4年間で色とりどりのタイルを貼ったらしい。渋い重厚な感じが好きだったのに、おもちゃみたいになったように感じた。でも、グエル公園を見ると、カラフル。ああいうのが完成形なのか。

夜のライトアップされたサグラダファミリアが良いと聞いたので、隣の公園で待つ。濃厚にキスしているカップル。カトリックの国と聞いていたが、あんなのありか?って思った。(英語のレッスンをしてくれたアンジェラというアイルランド人がカトリックでカトリックの話を聞いていた。私は曲解していたかもしれない)

グエル公園に行く途中の靴屋で靴を買ってみた。すぐに靴擦れした。(後でよく見ると右と左で色がぜんぜん違かった。)

昼は定食(なんて名前だっけ。。)を食べた。セットの飲み物は水、ワイン、が選べる!!!!!ワインをがばがば飲んだ。周りは当たり前かもしれないが、水。私たちは酔っ払い

スペインは暑いと聞いていたのに寒かった。のみの市で革ジャンを買った。インド並みに値切れると思っていたのに、8000円の値が7000円程度にしか下がらなかった。酔っ払っていたからかな?

一度だけ、三ツ星くらいのレストランでご飯を食べた。

タグ : スペイン アンダルシア

スペイン アンダルシア

新婚旅行はスペインだった。卒業旅行でヨーロッパ29日間ユーレイルパス(&飛行機移動ひとつ)を使って旅行したときに、バルセロナが一番気に入ったからだ。GWに結婚休暇をつけて(その他有給もつけたかもしれない)、16日間の日程だった。

おおまかな旅程は
バルセロナ (でもKLMでアムステルダム経由。ワールドパークスのマイルを貯めていたので)
↓ 鉄道
コルドバ
↓ レンタカーでアンダルシア地方を回る


セヴィリア(春祭りにあわせて)
↓ AVE
マドリッド

スペイン旅行はスペイン語。旅のスペイン語の本を持って果敢にせめた。しかし、質問が出来ても返事が理解できない。ゆえに、バルセロナーコルドバで電車に乗るのも大変だったし、闘牛は結局見られなかったし、花祭りはセヴィリアについて3日目くらいにやっと見られた。「観光」という意味では密度のひくーい旅行。でも、本人たちはとても楽しかった。

移動が多かったので、当時の写真とガイドブックを見ながら思い出して時系列に書きたいと思う。

ワールドパークスと比べてKLMは食事がおいしかった記憶がある。あと、フライトアテンダントは金髪色白の大女という印象。
KLMがホテルをつけてくれたので、アムステルダムに一泊した。私は換金は必要ないと主張したが、夫がそれじゃ心配だと5000円くらい換金した。結局まるまる使わなかった。朝食がついていて、ドレッシングは?と聞かれて「フレンチドレッシング」と言ったら伝わらなかった。

バルセロナに到着した。空港から地下鉄を使って、CATALUNYA駅で降りる。地下から地上へ階段を上がって光いっぱいの中に飛び出した。途端、なぜか夫の服の腰の部分に白いムースが。そして、話しかけてくる男が。これがうわさのアイスクリーム強盗か(上着を脱いだら財布をスル)。相手にせず被害はないが、ものすごく意気消沈。

泊まるトコ探し。何件かのホテルやホスタルが集まっているビル。一軒目は気に入らず断った。でも、2件目で妥協した。アイスクリーム強盗で疲れ切っていた。
バルセロナはガウディを徹底的に見ようと思っていて4泊くらいした。このホステルは朝食に硬いパンとゆで卵。コーヒーが飲み放題なのが良かったが、4日も泊まると飽きた。
この宿の女主人にセビリアで泊まる宿を予約してもらった。春祭りがあるので満室を恐れたからだ。大正解だった。

タグ : スペイン アンダルシア

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP