Recent Articles 最近の記事

カテゴリー

タグリスト

ブログ内検索

リンク

プロフィール

ゆとびっち

Author:ゆとびっち
英語が好きなのに、数学の方が得意で理系大学に。メーカーで研究開発業務につくが、2人目生むとき会社をやめ専業主婦に。TAE-BO歴8年。今はテニスばっかりやってます。リンク歓迎です。

お勧めページ

映画の感想って観た時の心境、年齢、期待、いろんなもので変わります。TVの予告は百害あって一利なし。ネタばれなしの前田有一さんの批評を映画を選ぶ指標にしてます。
息子のページです。拍手を楽しみにしているので、、、
娘のページ。小説だそうです。カンムーン星に住むカンガルーの話

アメリカンアイドル仲間5senseさんのページ!

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

FC2カウンター

チャーリーズ・エンジェル 固定概念を捨てられた映画

子供たちが久しぶりにチャーリーズ・エンジェル フルスロットル(2003)を見ている。
彼らにはとても楽しいらしい。

実は、私にとっても、チャーリーズ・エンジェル(2000)は、映画鑑賞の心構えにおいてターニングポイントとなった映画だ。

小学生で映画鑑賞が趣味になって。
最初は、ひたすら近所の名画座で一日数百円で3本立てを見ていた。
そのうち、ハッピーエンドじゃないものや、ナンセンスな感じの映画を芸術的と好んでみるようになり、
でも、自分に芸術的才能はなかったので、芸術映画の眠さに気づき、
今度は脚本重視になった。

アイズ・ワイド・シャット(1999)を見て、脚本の面白さの他に、映像的美というものがあると気づいた。またもや芸術的映画への傾倒??

で、トゥルークライム(1999)を見て、クリントイーストウッドは、映像的美がないね~、なんていってみたりして。

とにかく、それまでは、映画を見るのに、つねに理論的に星を付けるような評価していたのだ。

そこへ、このチャーリーズ・エンジェル(2000)

監督のマックG は、ストーリーなどどうでもいい、その瞬間瞬間を愉しもう、という映画を作っていた。
これは、私には、衝撃的だった


それまでも、そういう映画あったのかもしれないけど。私は気づかなかった。

この作品で、私は、ストーリーや、芸術がなくても、その場その場で楽しいシーンが続く映画があってもいいって知ったのだ。(芸術がないと言ったが、これも、芸術なんだろうか)

<追記>娘が「今日は映画の日にしよう!」と、次はオースティン・パワーズ・デラックス」を見ました。
そういえば、アメリカンコメディというジャンルは、ストーリーなどないですね。そして、私はずっと好き。ちょっと上記話が、よくわからなくなってきちゃった。チャーリーズ・エンジェルはコメディだもんね。私はまじめにみてしまったんだな。で、逆に、マイアミ・バイス映画版をコメディと思ってみてしまった。。。

チャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディションチャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディション
(2007/05/30)
ドリュー・バリモア、キャメロン・ディアス 他

夫はルーシー・リューの企業コンサルタント姿が好き
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル コレクターズ・エディションチャーリーズ・エンジェル フルスロットル コレクターズ・エディション
(2007/05/30)
キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア 他

ルーシーリューが足短くて笑える


今、フル・スロットルを見て、トランスフォーマーのシャイヤがマックス役で出ているのに気づいた。
シャイヤはインディ・ジョーンズ4に出るし、今が旬ね。

痩せ男(クリスピン・クローバー)は、なんと、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のパパ(ジョージ・マクフライ)。BTTFの2,3には出演拒否したのに、何故こんなばかばかしい映画に出てるんでしょう。しかし、強烈なキャラクターです。

ナタリーの彼氏になるピートはルーク・ウィルソン。この間自殺未遂したオーウェン・ウィルソンの弟であり、今日本で放送中のザット’70sショーでケルソの兄役で5エピソード出てます。

1でチャド役をやったコメディアンのトム・グリーンとドリューはなぜか婚約してたけど、解消。いや、違うか、一瞬結婚したっけ???

フルスロットルのパインワックス使うロドリゴ・サントロったら、先日ロストで全体的な流れから毛色の違うエピソードに出てました。300ではペルシャの王をやってました。

モンティ・パイソンのジョン・クリーズがアレックスの父、T2のT1000型がフルスロットルの悪役議員。

ディランの元彼シーマス役のJustin Therouxは、マルホランド・ドライブに出ていて、この映画はお勧めです。

でもまあ、いくらなんでも、フルスロットルでデミ・ムーアが飛ぶときは、もう、ついていけないって思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

ニセコへ 真っ暗な中、宿を探す

高速に乗って、札幌へ。この時点で4時くらい??
わき目も振らず、そのままニセコに直行。5時半に「羊蹄山の湧き水」に到着~~!!!

札幌~ニセコへのドライブ中にガイドブックに載ってた「湯こもりの宿アダージョ」と言うところに電話して宿の予約をしていた。食事時間には間に合わないだろうと、外で食べていくと伝えた。

羊蹄山の湧き水っでは、「湧き水の里」でお豆腐の試食をして、お豆腐買って、湧き水をペットボトル2本に入れた。
P1040641_convert_20080229095022.jpg


そして駅前の酒屋で、日本酒、ビール、もろもろを手に入れ、夜の準備万端!!

楽一(そば処)にてそばを食べようと企てるが、臨時休養日、、いや、予約しないといけないのか!?食べられず。
雪石嶺山荘のレオン↓に挨拶し、食事どころを探す。
P1040721.jpg


しかし、、、食事するところが、なかった。うろうろしているうちに、日没。まっくらで、探せない~~!!

とりあえず、駅前まで戻ってコンビニにてむなしい夕食確保。

アダージョに向かう。

真っ暗。街頭がなく。ほんとーーーーーに、真っ暗

アダージョは、奥まったところにあるため、見つからない~~!!
携帯で2回電話しながらドライブして、やっとついた。

アダージョは、部屋つき温泉があるという宿。でも、温泉のついた新館の部屋は満杯で、古い本館にとまることになった
でも、本館にも、部屋にこそないものの、温泉がついている。家族で貸切できるので、問題なし!!
今ネットで新館の写真を見たが、本館は新館とは別宿だった。
昔ながらの宿。
玄関入るとリビングがあって、そこには漫画がいっぱい。(スキー宿の雰囲気だ)

私達が泊まった部屋は、12畳くらいと広く、ここはオーナーの部屋では??って思わせるくらい生活感がいっぱい。

なぜか、LDプレーヤー、DVDプレーヤー。プロジェクタこそないものの、オーナー、映画好きですねぇ~。
新館の受付には、DVDが300本ほど並べてあった
そこから「クローサー、キャットウーマン、子供向けのアニメ、借りていた。

超つまらないキャットウーマンを小さなTV(24インチくらい)で見る。
クローサーは、背帯のタイトルで借りてしまったが、ジュードロウとナタリーポートマンが出ている映画ではなく、なんと、アジアの同名の映画だった。

他に宿泊客は、一人しかいないよう(もしかしたら従業員??)で、本館は貸切だった。
お風呂を家族でゆっくり入る。内風呂と露天風呂とあるが、露天は暗く、娘が怖がった。
元を取ろうと、朝も入った。

夕飯なしで、大人2人と小学生1人、幼稚園ただ、で15700円。
久しぶりに散在です。でも、次の日の、釣りツアーに比べれば、可愛いもんだった。

テーマ : 北海道 - ジャンル : 旅行

スナハンカチ:娘のダジャレ

昨日、お風呂で7歳娘が
娘「あのさ、、あの、スナハンカチだっけ?」
私「え?スナハンカチ??」
娘「さのさ、さっき、TVでやってた奴。帽子かぶってて、鼻が大きくて、、」
私「あああー。。。」おぼろげに思い出す。
TVで、「スナフキン」の絵を描いてください、ってやってた!!!
スナフキンね」
娘「そうそう、それ!!描いてみるね!」
と、湯気でくもったガラスに描き始める

娘「えっと、スナタオルだっけ?」

わざとやってんのか?こいつは。。??

母は、笑わせてもらいました。

アウト・オン・ア・リム 精霊と宇宙人

怪我したときに、見つけた針灸師さんのブログ。
怪我についての知識以外に、精神面ですごくよいことを書いており、RSSリーダーに登録して記事チェックしていた。
彼女が勧めていた本。
シャーリー・マクレーンの「アウト・オン・ア・リム」

説明している文章を読んで、ちょっと、ひいた。
いっちゃったの?この人??
でも、今まで読んだこの人の記事は、人柄があふれ、素敵な人だなぁって思ってた。
ちょっと、体験してみるか。

図書館で借り、斜め読みだが、読んだ。
アウト・オン・ア・リム (角川文庫)アウト・オン・ア・リム (角川文庫)
(1999/04)
シャーリー マクレーン

商品詳細を見る

先日偶然読んだ、横尾忠則さんの本「見えるものと観えないもの」に出てくる話とシンクロニシティ。

シャーリー・マクレーンのこの小説、彼女が体験した事実、しか書いてない彼女、体験したことをテープレコーダーで記録するくらい、現実主義者

彼女が次第に、「輪廻転生」、精霊の存在を信じるようになり、そして最終的には古代から私達を導いてきた宇宙人の存在を信じるまでにいたる出来事が、細かく、そして、おそらく一語一句忠実にかかれている。(テープレコーダーにより)。

輪廻転生を信じた後に、宇宙人の存在を匂わされると、新たに拒否反応を示すあたりがとても、ユーモラスに感じた。宇宙人の方が、信じられると、個人的に思うけども、、。

私は読みながら、最後に彼女自身が宇宙人の使者に遭遇することをすごく期待したのだが、残念ながら、それはなかった。

それがない分、いろんな解釈で取ることの出来る本となっているような気がする。

「チャンス」。好きな映画だ。この映画で競演したピーター・セラーズとの会話も出てくる。

「スターゲート」はこの小説に出てこないけど、宇宙人が地球の文化つくりをした、とか、そういう思想は好きよ。

そして、自分がチャネラーになって、宇宙人から新製品のアイデアをもらうのも、考えると楽しいな。精霊からアイデアや、パワーをもらうのも、いいなぁ~。

結局は私はこの話を丸ごとは信じてないってことなんだろうけど、でも、「人間のプラス方向の気持ちのパワーは最強」と思っているので、プラス思考に役立てることが出来たらいいなぁ~
で、そう思ってるうちに、宇宙人が対話しにきたら楽しいな。(でも、さらわないで!!)

バベル 観て損はない

2時間20分という長い映画だった。
でも、同時に展開される3つの物語がそれぞれ面白いのと、
時系列的に、ずれが生じているのが、いつ交わるのか気にしていたら飽きずに最後まで見られた。

バベル スタンダードエディションバベル スタンダードエディション
(2007/11/02)
ブラッド・ピッド.ケイト・ブランシェット.ガエル・ガルシア・ベルナル.役所広司.菊地凛子.二階堂智.アドリアナ・バラッサ

観て損はない、けど得もないかも


ただ、最後に、それぞれの主人公同士が交わらないまま終わってしまって、「あ、そうなの」って感じだった。
子供に「いったいなんだったんだ?」と聞かれて、
「ひとつの出来事が世界中でいろんな風に影響してるってことを言いたいんじゃないの?」と、答えて、自分も納得させた感じ。

PG-12です。この映画は、子供は見ないほうがいいかなぁ??子供になんでだと聞かれて言葉を濁すシーンがいっぱいです。(特に日本)

以下ネタばれ

続きを読む »

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE