Recent Articles 最近の記事

タグリスト

カテゴリー

My little guitar girl

Playing Whataya Want From Me default (1)
Playing Alright With Me
*************************
クリス・アレンのラジオリクエストのお願い by Letterman

ブログ内検索

リンク

プロフィール

Author:ゆとびっち
英語が好きなのに、数学の方が得意で理系大学に。メーカーで研究開発業務につくが、2人目生むとき会社をやめ専業主婦に。TAE-BO歴8年。今はテニスばっかりやってます。リンク歓迎です。

お勧めページ

映画の感想って観た時の心境、年齢、期待、いろんなもので変わります。TVの予告は百害あって一利なし。ネタばれなしの前田有一さんの批評を映画を選ぶ指標にしてます。
息子のページです。拍手を楽しみにしているので、、、
娘のページ。小説だそうです。カンムーン星に住むカンガルーの話

アメリカンアイドル仲間5senseさんのページ!

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード

最近のコメント

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モテる男のコロし方 ’80の青春俳優を追跡

青春ムービー。二人の子持ちの結婚15年の主婦には、何もひっかからず。

デスパレートの妻たちに出てたJesse Metcalfe(エヴァ・ロンゴリア演じるガブリエルと浮気する高校生の役をやっていた)が、もてる男ジョン・タッカー役で出演。

カレって、1978年生まれ。2005年に撮影したとして、27歳で高校生役です。

でも、どっかで、「青春ムービー出演者は20後半」みたいなパロディ?見たことあるし、普通なのかな。

主役の女の子ブリタニー・スノウは、86年生まれで本当に可愛かった。
この後「ヘアスプレー」に出てるみたい。チェックしとこう。

モテる男のコロし方 (特別編)モテる男のコロし方 (特別編)
(2008/09/05)
ジェシー・メトカーフブリタニー・スノウ

若者なら楽しめそう


こんなじゃ感想しょうがないな。。。。
えっとぉ。。。

私の青春時代は、ジョン・ヒューズって人が作る青春ムービー真っ盛りで、
モリー・リングウォルドっていう、不細工顔の女の子が一世風靡してました。
(カッコ内は、IMDBの評価。「モテる男の、、」評価は5.5です)

ブレッククファースト・クラブ (7.8)
プリティ・イン・ピンク (6.3)
恋しくて (6.6)

当時は、小難しい映画を好んでいた(「マリリンとアインシュタイン」みたいな映画を好んでいた)ので、全く見る気なかったんだけど、流行好きの友達に誘われて、食わず嫌いもなんだな~と、見てました。

その中でジョン・ヒューズじゃないけど、青春ムービーのキャストが勢ぞろいした
「セント・エルモス・ファイヤー」は、感動したの。でも、これ、5.9 だって。
上記3映画より、評価低いのか。。
エミリオ・エステベスが特に好きで。
カレが監督した
「ウィズダム」
最後の夢おち?なんだかわからないところが、当時の私好みでよかった。
でも、これ、5.2 だって。

ブレックファーストクラブとセントエルモスファイヤーのキャストの今を追ってみます。
アンソニー・マイケル・ホールは、、、
ansoni.jpg
え?よく見る顔!!デッド・ゾーン TVシリーズの人ではないですか!!!あの、優等生のブライアン役ね!!

ジャッド・ネルソン モリー、アリー・シーディー、地味に活動中みたい。 

ロブ・ロウは、淫行事件で落ちたものの、マイク・マイヤーズに拾われて、ウェインズワールドやオースティンパワーズで活躍。

恋しくてのめアリー・スチュワート・マスターソンは、2008年のデータがない。フェイドアウト中・・
「フライド・グリーン・トマト」よかったのにな。

エミリオ・エステベスとデミ・ムーアの活躍は、書く必要ないね。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団  大人の鑑賞に堪えうる

ハリー・ポッター。
第一作目の「ハリー・ポッターと賢者の石」は、まるで、MIB2のように、グレムリン2のように、次から次へと見せ場のオンパレードで、
見せたい魔法のエピソードが先にありき、で、その継ぎ目に、物語が進むような展開。
映画通を自称してた私にはとても、耐えられない作品だった。
しかし、子供は大喜び。

しかし、私も、最近、本当の意味の映画通になり、淀川さんのように、すべての映画のいいところを見つけられるようになったというか、遊び心を持ったと言うか、、、

だから、「イーオン・フラックス」なんかも、十分楽しめちゃうし。

「不死鳥の騎士団」は、有利だったかもしれない。今までの4作で、その魔法の世界は十分見せられているわけで。説明が要らない状態というか。

余計な説明抜きに、ストーリーメインで展開できたんじゃないだろうか。

ストーリー「魔法省が送り込んだアンブリッジのせいで、実践なし、試験のための防御術の授業となったホグワーツ。有志達が立ち上がり、ダンブルドア軍団を結成。ハリーを先生にして、防御術の練習を始める。。。」

不思議ちゃんと呼ばれるルーナ・ラブグッドというキャラクターが、良かった。
彼女の一言で、ハリーはいろいろ気づかされる。
ルーナはKYなキャラクターで、周りからなんとなく避けられてて一匹狼、マイペースな人物なんだけど、そこが気に入った。
luna.jpg

大人の俳優が、活き活きと演じてる!

何がうれしかったって、「こちらホゲホゲ法律事務所」(原題 Is it regal?)のステラの姿を見て大喜び!!
悪役だったけどね。
彼女の名前はImelda Staunton。魔法省から学園に送り込まれるアンブリッジの役をやってた。
stella.jpg

「恋に落ちたシェイクスピア」では、乳母の役をやってた。

その他も、
ゲイリー・オールドマン、アラン・リックマン、エマ・トンプソン、ヘレナ・ボナム・カーター(ティム・バートンの妻)
豪華だよねぇ~。。。

5作目を見て、やっと、原作を読んでみようかな~、、って思い始めた。

子供のために、日本語吹き替えで見ているんだけど(しかし、子供たちの声優へたすぎ。。。)
日本語吹き替えでも、娘7歳は理解できず。
ちょっと大人向けのハリー・ポッターになったようだ

前田さんの評価は低かったのだった。なんでだろう~ともう一度読んでみたら、「話が進まないから」。
確かに、ボルデモートはゆっくりしてるかもしれないけど、準備があるんですよ、きっと。いろいろと。

あと、前4作見てないと、全く話はわからないです!!

WOWOW吹き替え放送、HV、5.1チャンネル。100インチスクリーンで家族で鑑賞

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(1枚組)ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(1枚組)
(2007/11/21)
ダニエル・ラドクリフ

大人は喜び、7歳は理解不能

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

スパイダーマン3 ’70sショーファンには不満だが

スパイダーマン3は、WOWOWまで待たずに劇場に見に行った。
娘と息子が大好きなこともあるけども、That '70s Showのトファー・グレイス
topher.jpg

がヴェノム役に抜擢されたので、それは見にいかんといけないと思ったのだ。

トファー見たさに行ったスパイダーマン3は、、、、最悪。
いままで、悪役には、ヴィランになるなりの同情できる理由があった。

ゴブリンは会社をのっとられて、自身の未完成の実験を早々に進めたら、事故で人格が変わり、、、
ドクオクも、実験中に事故で安全装置が外れて、人格をのっとられ、、

3に出てくるサンドマンも娘を助けたくてやってることで

そんな中で、トファー演じるエディ・ブロックは、すくいようがない。。。。
彼女だって言い張ってるグエンも、グエン側の言い分は「コーヒーを飲んだだけ」
思い込みの激しい自分勝手でズルすることもOKな奴。

教会に行って懺悔するのかとおもいきや、
「ピーターパーカーに死を」って祈ってるし。

そういうキャラだから、ヴェノムが寄生するわけなんだけど。

最後は、更生することもなく、爆死。

つまんない映画だったなぁ~、しいて言えばハリーの一人勝ち!
と思ってた。
スパイダーマン3・ デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)スパイダーマン3・ デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
(2008/07/23)
キルステン・ダンストトビー・マグワイア

やっぱピーターパーカーの気持ちで見ないと(^_^)

**********

先日WOWOW放送されたので、見た。2回目の鑑賞だ。
HV放送を100インチスクリーンに映して5.1チャンネルで。

トファーの目線で見ないスパイダーマン3は、
スパイダーマン1の路線そのままで、かなり、楽しめた。

相変わらずピーター・パーカーという、不器用な青年の小さな世界

「スパイダーマン」を見たときに、その、ヒーローの普通の姿にびっくりしたもんだ。
能力を持ったと知った時の浮かれよう。その力を、車を買う資金にとプロレスに出場。
コスチュームを真剣に考える。
そもそもその車が欲しい理由が、MJによく思われたいから。
MJだよ、あのMJ。ぜんぜん可愛くない。。。。。

その切り口は、監督サム・ライミが狙っていたものだと知って参ったと思った。
トビー・マグワイヤも、そのキャラクタにぴったりだった。

スパイダーマン3では、
またもやピーターパーカーが、浮かれたり、落ち込んだり、忙しい。
浮かれたり、落ち込んだりの内容も、小さくて。
でも、それって、わかるわかる~!!って感じで。

サンドマンを殺してやるって思った心にヴェノムが付け入るわけだけど、
ヴェノムに寄生されたピーターが、めちゃめちゃ受ける。

かっこつけてるのに、ぜんぜんかっこよくないんだもの。。。。。

それって、またもやサム・ライミの作戦どおりなんだろうな~。

ってことで、なかなか、楽しめてしまいました。

**************

MTVムービーアワードでジャックブラックが司会した時にしたスパイダーマンのパロディが超お勧め!
見なきゃソンです!!
ジャック・ブラック、体で示してくれるから面白さがよくわかる。

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想 MTVムービーアワード

サリー姿で。。 可愛いジェシカアルバ&衝撃のナタリー・ポートマン

つい最近、オーナーちゃんという女の子を出産したジェシカアルバ。
出産前に、オースティンパワーズのマイク・マイヤーズのコメディ
The Love Guruに出演してました。
10069188530.jpg
サリー姿のジェシカ!
なんて、可愛いんでしょう~~~!!!

でもね、6月20日にアメリカで公開されたこの映画。
IMDBで、評価が3.5です(10段階)。。。。。。

公開映画で、こんなにひどい評価、IMDBで見たことない。。!!

コメディ映画は、だいたい6.0を超えると、いい感じなんですけど。。。
5台でも、いいコメディいっぱいあるけど、、、。

感想抜粋:It was heavy-handed, painful and endless. The opposite of funny. An excruciating bunch of penis jokes strung together with some gross-out scenes.

あ、なんとなく、想像できる。オースティンパワーズだって、似たような感じ。私は、ウェインズワールドでマイクマイヤーズに好感度もってたから、ついていけたけど、夫は脱落してる。(子供たちは私の影響でオースティンパワーズ大好き)そんな私も、時折不快に感じてたもの(ウンチ飲むとか。。)。

ストーリーは、「インドでグルたちに育てられたマイク・マイヤーズ演じるPitkaは、アメリカに愛の伝道師として、返ってくる。。。」というもの

Pitkaがどんなかは、、アメリカンアイドルフィナーレで放送された映像をどうぞ!!


******

そしてね、、、実はThe Love Guruを思い出したのは、
この衝撃のナタリー・ポートマンのビデオのせいなのだ!!!!



そこまでカレを愛しているんでしょうか…ナタリー・ポートマン PVビデオに安っぽく出演!
の記事で知ったのだけど。。。。

ナタリー・ポートマン。。。終わりだな。。。。 いや、隙があって可愛いというべきか。。。。

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

レッスン! アントニオのせいか気楽に見れる

ミュージック・オブ・ハートのダンス版 エンターテインメント性高し。

って感じでした。

「アメリカの荒れた高校で、ボランティアが熱心に何かを教えたと言う実話」を元にした映画、、って多くないですか??
ミュージック・オブ・ハートはバイオリン(小学校だ)
レッスン!は社交ダンス
コーチ・カーターはバスケットボール

レッスン! (プレミアム・エディション〈2枚組〉)レッスン! (プレミアム・エディション〈2枚組〉)
(2007/12/22)
アントニオ・バンデラス

アントニオが出てるとなんでもいいかも


アントニオ・バンデラスのファンってわけじゃない。
彼の映画を選んで見るようなことまではしてないんだけど
彼を見ると、微笑ましく見てしまうような、そんな俳優。

それってスパイキッズとか、シュレックとかの影響かな~、と、出演作品見てみたら、

。。あまりいい映画に出てないのね。。

「マタドール」とかマイナーな映画も見たことあるんだけども、、

アントニオの静かな演技が良いです。

ロック役のロブ・ブラウンは、コーチ・カーターにも出てる。
上流社会の名ダンサー モーガン役のKatya Virshilasは「Shall We Dance?]にでていたらしい。

実在するピエール・デュレインは、アイルランド人と、フランス人のハーフらしい。
アントニオは、映画の中でスペイン人とフランス人のハーフと言っていた。

お気楽な映画、、って感想なんだけど、細かいところ思い出したら、
ロックの兄とラレッタの弟は、ギャングの抗争で殺し合いになり、残された二人は天敵だったり、家庭環境がひどかったり、、、、 悲惨な面も描いていたのかな。。??

最後のコンテストシーンが、究極にお気楽なので、すっかり、お気楽映画ジャンルに入りそうになってました。

WOWOW HV放送 5.1チャンネル 夜に夫と二人で鑑賞

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。