Recent Articles 最近の記事

カテゴリー

タグリスト

ブログ内検索

リンク

プロフィール

ゆとびっち

Author:ゆとびっち
英語が好きなのに、数学の方が得意で理系大学に。メーカーで研究開発業務につくが、2人目生むとき会社をやめ専業主婦に。TAE-BO歴8年。今はテニスばっかりやってます。リンク歓迎です。

お勧めページ

映画の感想って観た時の心境、年齢、期待、いろんなもので変わります。TVの予告は百害あって一利なし。ネタばれなしの前田有一さんの批評を映画を選ぶ指標にしてます。
息子のページです。拍手を楽しみにしているので、、、
娘のページ。小説だそうです。カンムーン星に住むカンガルーの話

アメリカンアイドル仲間5senseさんのページ!

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のコメント

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

アレックス・ライダー 子供むけだけど美少年に母満足

WOWOWのCMで興味を持って、見たんだけど。
CMではユアンマクレガーばっかり。
しかし、ユアンは、オースティンパワーズゴールドメンバーのトムクルーズ的扱いだと思えばいいでしょう。全然出てきません。

信じられなくて、まさか、あとで出てくるでしょう?ってしばらく思ってたけど、本当に、死んでました。

でも、主役の男の子が、すんごい美少年で。そして、スタントだろうけど、アクションシーンがかっこよくて。お気楽子供向け映画なんだけど、母も大満足。

untitled.jpg
un2.jpg

 1990年4月10日生まれ。
映画は2006年の公開なので、撮影時は15歳?
役どころは14歳。
しかし、その色気のある風格に、きっと年上が演じてるんだと思った。まさか本当に中学生だったとは。

脇役がすごい。
すぐいなくなっちゃうマクレガーはおいといて、
家政婦に、アリシア・シルバーストーン(バットマン&ロビン同様ふくよかなまま)
スパイの上司にビル・ナイ(パイレーツオブカリビアンのデイビージョーンズ(タコ男))
スパイの同僚(女)にSophie Okonedo(イーオン・フラックスのシサンドラ(足が手の女))
悪役にミッキー・ローク
悪役の秘書にMissi Pyle(ギャラクシークエストのタコ女、チョコレート工場のバイオレットの母)
悪役の執事がゴラム!(ゴラムやキングコングの動きのサンプリング)
首相はRobbie Coltrane(ハグリット)

ジャニーズなんて興味を持ったことは、いままでなかったし、好きな俳優もハードボイルド系や3枚目だったので、自分が美少年好きとは知らなかった。年をとったからかなぁ???

WOWOW「史上最年少の英国スパイ、アレックス少年が初任務へ! A・ホロヴィッツのベストセラー小説《女王陛下の少年スパイ!アレックス》シリーズを初映画化した痛快アクション」ってことで原作のある人気小説だったよう。図書館の検索で調べたら6作品出てました。

アレックス・ライダーアレックス・ライダー
(2008/02/22)
ユアン・マクレガーアレックス・ペティファー

ユアン目当てじゃがっかりするよ


WOWOW HV放送、5.1チャンネル 100インチスクリーンにて家族でわいわい鑑賞
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

セクシーなUSAソフトボールチーム2

(続き)彼女の背番号は19番。
それだけ覚えていれば楽勝だと思ったが、
なんと、オリンピックページの選手紹介には背番号は書いてなかった。
「セクシーな唇」しか覚えてなくて、顔は覚えてない!!!

美人を探した。
まず見つけたのが
FINCH Jennie さん
beauty1.jpg

しかし、彼女は右打ちのピッチャー。
YOUTUBEで見つけた映像を見ても、例のステップをやってないし。
しかし、ジェニーさん。とても興味深い人物。
大リーガーの妻で、
アメリカのセクシースポーツウーマンでアンナ・クルニコワを抜いて一位。
見つけた写真にはジーナデイビス(プリティリーグ)と一緒の写真とか、レッドカーペット上でドレスを着た写真とか。
beauty11.jpg

さて次。
LOWE Caitlin さん
beauty2.jpg

YOUTUBEで見つけたバッティングの映像は左うちで、例のステップをしている!!例のルーティンがないけど、、、、。それはオリンピック仕様だったのかな???

このケイトリンちゃん。
なかなかファイターらしい。センターを守ってるらしいがフェンスに激突して鼻の骨を折っている映像、写真が見つかった。
打撃の映像のYOUTUBE
激突のYOUTUBE

そして、日本の複数のブログで可愛いと評判。特にSOSOSOブログさんが詳しい。ここから写真もらいました。かわいい~~
20080820_Caitlin_Lowe.jpg

でね。ケイトリンと思い込んだんだけど、ひとつ疑問が。
ケイトリンは背番号26だって。
うーむ。試合のたびに背番号かわることあるのかなぁ~???

そして見つけたのがこの写真
softball19.jpg

唇のセクシーな19番は、メキシコ系だった!!!(記憶力なさすぎて、スパイになれません)

彼女の名前は
GALINDO Victoria
beauty3.jpg

写真が悪すぎて気づかなかった。
検索もあまりヒットせず。
通称vicky。
ジェニーさんと一緒にChicago Bandits のメンバーということはわかった。打撃の映像は見つからず。
でも、背番号19番は間違いなく彼女。
この写真は大口あけて笑っちゃってるけど、バッターボックスの彼女は、セクシーだったんですよぉ~。

テーマ : 独り言 - ジャンル : 日記

タグ : アメリカTV キッズ・イン・ザ・ホール

セクシーなUSAソフトボールチーム1

私、中高とソフトボールやってた。
巨人戦を全試合スコア付けるほど野球大好きだったからなんだけど、反動か、長いこと野球に全く興味をなくしてる。

昨日TVをつけたらソフトボールをやっていて、金メダルがかかっているというので、初めて真剣に見た。5回表から見て、たった3回だったけど。

上野さんの活躍はもちろん、日本チームは守備が固いね!!
ソフトボールのサードって、塁間が短い上に、3塁から4,5歩前で守るので、すんごい反射神経と度胸が必要。(私は、セカンド、ショートでした)
サードは2度もファインプレーしてた。(対してアメリカチームのサードは足元抜かれてヒットになってた)
壁際のファールボールを取ったのはショートかな??これもサードだったかな??

チーム一丸となった勝利に、涙が出そうに感動しました

さて、これからはお馬鹿なこと(しかし本題これまではお馬鹿さをオブラートするための導入でした)書きますが、、、

私は、実は、アメリカチームの魅力にノックアウトされてました。
選手がすんごい個性的。
あの、バッターボックス内で、カリオカステップするみたいにピッチャーの動きにあわせて足を動かす。
重いソフトボールの球を打つために、体の回転運動に、前後の体重移動を加えるためなのかしら。初めて見たので驚いたけど、アメリカソフトボールチームでは普通のことみたいね。(日本もやってたのかもしれないけど、日本の攻撃は2回しか見てないのだ)

美人さんがちらほら、、、、

そして、一人の選手に特に目を奪われた。
左打ちの選手。バッターボックスに入る前に、ナダルのようなルーチンがある。髪の毛を右耳、左耳にかけて、襟元直して、、そのしぐさが、セクシーー。バッターボックス内で構える姿の唇がまたセクシー。
そして、例のステップをして、スイング!!

その唇には見覚えがあったのだ。
私の好きなコメディグループ。キッズ・イン・ザ・ホールのゲイのスコットがやるバディコールというキャラクタの唇。
YOUTUBEの映像を張りますが、すんごい不謹慎ですよ~。
アメリカチームにも失礼だな。。。自分でこの映像を改めて見て、この映像を思い出したことを恥ずかしく感じたもの。



次回、セクシーな彼女を探した。。。

テーマ : 独り言 - ジャンル : 日記

タグ : アメリカTV キッズ・イン・ザ・ホール

ブルークラッシュ 前田さんは低評価だけど私は感動

たまたま付けたTVでオープニングが始まったので、何の映画か知らずに見始めた。
途中から、「コレは、昔、海好きの夫が見たがってた奴だな??」
「たしか、ブルークラッシュとかいう名前だったな。。。」

へえーー、スーパーマンリターンズのケイト・ボスワースが出てるんだ~。
えー、彼女、サーフィンできるの????
最近の技術だと、顔だけ取り替えたりとかしちゃうんじゃないかな????
(2002年ではそれはないか。)

パソコンで調べたくなったけど、映像も綺麗で、エピソード一つ一つが魅力的で
画面から離れられない。

結局最後まで、しっかり、見てしまい、かつ、涙も一粒こぼしてしまった。

今、パソコンで、信頼してる前田さんの評価を見てびっくり。
35点~~!!!???

前田さん「ケイト・ボスワースがへっぴり腰」!!??
え~?ってことは、顔取替えじゃなくて、本人なの!!??すごい!それ!!

前田さん「友達はプロ」??
えっと、ミシェル・ロドリゲスのこと??
ボクシング映画にも出てて、ロストでもマッチョ役で出てた彼女。
うーむ。??

IMDBでは、、
「ミシェルロドリゲスは、ケイトを沖にジェットスキーで連れて行くシーンで、ボディダブルを使わないで全シーン自分でやった。ケイトはボディダブルだった。」
「サノア・レイク(やさしい方の友達)のお母さん(ラオラ・レイク)はサーファーのチャンピオン」だそうだ。
まあ、本人も、そうなると、うまい、のね、きっと。

面白い事実としては、「途中右目の上を大怪我したサーファーの映像が出るんだけど、これは、
元サーフィン世界チャンピオントム・キャロルであり、本当の負傷だった
。キャロルはちょうどその何秒も前に暗礁で転倒した。そして、それで、3人のキャスト陣(ケイト・ボズワース、マイケル・ロドリゲス、およびサノエ・レイク)が水に入ることに関して神経質になった。」そうだ。

http://cinematoday.jp/page/A0001131
によると、ケイト・ボスワースは「ブレイクのきっかけとなった初主演作『ブルークラッシュ』でハワイのサーファーガールを演じたときは、何か月もサーフィンの練習をして撮影に挑んだそうです。劇中のケイトの焼けた肌と、引き締まったボディは、撮影前にトレーニングをしていた証拠。ところどころCG処理しているか所もあるようですが、サーフィンのシーンは実際にケイトが挑戦しています! 」
顔処理じゃなくて、波のCG処理かな??すごい!ケイト!見直した!!!


映画に戻ると、、、
そういえば、、主役は全然努力してなかったし、、、恋に走ってたし。。。
何で感動したんだろうか。
?????


テニスを上達に奮闘してる私、
そんな心の何かにひっかかったらしい。

ブログ書き始めてから、見てよかったと思えたスポコン映画は。。。。

世界最速のインディアン」(これは、テニスに関係なく、感動、お勧めものだ!!)
ロッキー・ザ・ファイナル」(ちょびっとだけ、あきらめないで頑張ろうと思えた。)
そして、「ブルークラッシュ」

今思うと、本人でなく、周りのスポーツマンたちがとてもよかったのだ!!!

ブルークラッシュブルークラッシュ
(2006/06/23)
ケイト・ボスワースミシェル・ロドリゲス

本人は、全然練習してないし、努力してないんだけど。。?


恋に落ちる相手がNFLのスーパースター。
なんて都合の良いシンデレラストーリー、って思ったけど、
これは、恋人がTOPにいるスポーツマンであり、
アン・マリー(ケイト)のサーフィンをスポーツとしてしっかり理解している必要があるのかなぁ~と途中で先読みし始め、予想通り、アンマリーにスポーツマンらしい言葉をかけるところが
「当たった!」って思えて嬉しかった。(???)

大会で、プロの選手(途中ガソリンスタンドで会った人だと思う)と対戦した時に、プロの選手がアン・マリーをフォローするところ。
後輩を育てるスポーツマン精神みたいに感じて、TOPになる人は、いい人だなぁ~って思ったって言うか。

親身にトレーニングのサポートをするエデン(ミッシェル)

地元のサーファー達のキャラもよかったし、NFLの仲間達も良かったし。

でも、これって、ふいに、期待しないで見た映画がおもいがけず良かった効果であって、このブログを読んで期待してみてしまうと、絶対つまらない映画だ!!!!ご注意を!!

映像が綺麗なので、ブルーレイか何かで買っても、何度も再生して、バックグランドムービーとして楽しめそう。サーフィンの技術は何もわからないけど、可愛い女の子(ケイト)がサーフィンしてて、それはまた視覚的に楽しいのでは?

36インチブラウン管。TVの音声で鑑賞。

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

リーピング 見せ場満載で飽きずに見られたが、

アカデミー女優 ヒラリー・スワンク主演。
ヒラリースワンクで私が見た映画、「ボーイズドントクライ」とか、「ミリオンダラーベイビー」。
(「ギフト」にも出てたんだ。覚えてない(^_^;))
この女優さんは美人じゃないなぁと思ってたけど、この映画では、とても綺麗だった。

ロブ・ロウの弟、チャド・ロウと結婚していたことも、驚いたな。(離婚のニュースを聞いたと思ったけど、まだ結婚進行中だった。filed for divorce だって離婚訴訟中。

ストーリー:
牧師だったキャサリンは、信仰ゆえの行動から夫と娘を失い、無神論者となった。
そして、今は、「奇跡」を「科学」で解明する大学教授として活動。
最新の依頼は、アメリカのヘイブンと言う小さな町。
ある少年が死んだ日をきっかけに、川が真っ赤になったという。
妹が少年を殺した、少女は悪魔だとその町の神父が率先して言っており、
少女が殺されそうな一触即発状態だと言う。
だから、科学的に解明して少女を救ってくれとの依頼だった。。。

リーピング 特別版リーピング 特別版
(2008/07/09)
ヒラリー・スワンクデヴィッド・モリッシー

少女は「チャーリーとチョコレート工場」のガム少女


96分と言う短い映画で。
見終わって、あんなに盛りだくさんの内容だったのに、たった96分だったのか、とびっくりした。
だから、見てて全く飽きません。

だけど、日本人(私)には、キリスト教やら、聖書やら、どうも、ピンとこない。。。

ホラーなんだけど、まったく未知の世界で感情移入できないので
他人に起こる出来事としか感じなくてあまり恐くなかった。

でも、赤い川、キャサリンが見る幻覚(事実?)、不気味な出来事。
見事なCGで映像化しているので、その映像だけでも楽しめる。

見終わった後、一緒に見た人と、この映画の矛盾や、理解できなかったことなんかを話題に会話も進む。

さて、私の?????を書きます。ネタばれになるので、クリック後にします。

続きを読む »

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE