Recent Articles 最近の記事

カテゴリー

タグリスト

ブログ内検索

リンク

プロフィール

ゆとびっち

Author:ゆとびっち
英語が好きなのに、数学の方が得意で理系大学に。メーカーで研究開発業務につくが、2人目生むとき会社をやめ専業主婦に。TAE-BO歴8年。今はテニスばっかりやってます。リンク歓迎です。

お勧めページ

映画の感想って観た時の心境、年齢、期待、いろんなもので変わります。TVの予告は百害あって一利なし。ネタばれなしの前田有一さんの批評を映画を選ぶ指標にしてます。
息子のページです。拍手を楽しみにしているので、、、
娘のページ。小説だそうです。カンムーン星に住むカンガルーの話

アメリカンアイドル仲間5senseさんのページ!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

マイケル・スレザックのThe Truthの真実インタビュー!(1/4)

オリジナルはこちら
http://music-mix.ew.com/2010/05/05/kris-allen-the-truth-pat-monahan-train/
これは紹介しなきゃのインタビューなので、エイゴのできない人間が間違いだらけの訳をします。Lettermanさんが、きちんと訳してくれるまでの間まで。

Kris Allen on the controversy over his new single, 'The Truth,' and those added Pat Monahan vocals
ニューシングルThe Truthと加えられたパットモナハンのボーカルをめぐる物議
by Michael Slezak

Kris Allen fans have been waiting for months for an announcement about a followup single to his platinum-selling debut ditty, “Live Like We’re Dying.” But the recent decision by Jive/19 to serve radio with a recut rendition of “The Truth” — it’s now a duet with Train frontman Pat Monahan that’s slated to hit iTunes on May 11 — has met with its fair share of controversy. I caught up with the American Idol season 8 champ to find out who cooked up the idea for a reconfigured track, how the duet came about, and whether or not he’s upset that despite having cowritten nine of the 12 tracks on his self-titled disc, his label has now chosen two singles he didn’t have a hand in writing. (For the uninitiated, both versions of “The Truth,” with and without Monahan, are embedded after the jump.)


クリス・アレンのファンはプラチナLLWDに続くシングルの発表を数ヶ月間待ちに待っていた。しかし、Jive/19により最近出された決定により、ラジオには演奏しなおされたThe Truthが提供された
-それは、トレインのフロントマン、パットモナハンとのデュエットであり、5月11日にiTunesにて発売予定である(slateという単語を使っているところに注目)

そして、その出来事は、物議をかもしている。

アメリカンアイドルシーズン8のチャンピオンを捕まえてこの作り直しは誰のアイデアで、デュエットがどのように出来上がったのか
そして、彼が怒ってしているのかいないのか。というのも彼の名前のついたCDの12曲のうち9曲を共同作曲しているにもかかわらず、彼のレーベルは彼が関わっていない2曲を選んだことを。
(詳細を知らない人のために。両方のバージョン(パットあり、なし)はこの文章の最後に添付されています。)

EW: Let’s talk about your new single, “The Truth.” The album version of the song contains your vocals only. Now it’s been re-recorded as a duet of sorts with Train’s Pat Monahan (who co-wrote the song with Toby Gad). How did that come about?



新しいシングル、The Truthについて、聞かせて。もともとのアルバムは、君のボーカルだけでしょ?それが今やトレインのパット・モナハンとのデュエットみたいな感じでレコーディングしなおされた。
(パットはこの曲をToby Gadとともに書いている)どんな感じでこうなったの?

Kris Allen: It came about through an idea from the label. Their idea was that Pat wrote the song, so why not get him involved in it in some way. And obviously Train is doing really well right now, and I don’t think that can be ignored. Everyone thought it was a good idea.



レーベルのアイデアとして出てきたんだ。彼らの言い分は、パットがこの曲を書いたんだから、彼を何かしらの形でこの歌に巻き込まないか、と。それにトレインは今乗りに乗ってるしね。無視できないと思ったよ。みんながいいアイデアだと思ったんだ。

The song wasn’t written as a duet. How did you decide which parts of the song Pat would be singing?


この曲はデュエットとしては作られていないでしょ?パットが歌う場所はどうやって決めたの?

Right, it wasn’t written as a duet, and I think the plan was to make it not seem like a typical duet. It wasn’t like, “Hey, I can sing a verse, then he can sing a verse.” ‘Cause then maybe we’re breaking up with each other, and that’s not what we were trying to convey. So we thought it would be good idea to just put him on the bridge.



そうそう。デュエットとして作られてない。だから、典型的なデュエットに見えないように作ろうと思った。
ねえ、ボクが一節歌うから、彼が一節歌おうか。だってそうすればたぶん、お互いにブレイクアップできるし、お互いに、気持ちを伝え合っているようにならないだろ。だから、ブリッジのところに彼の歌を入れるのがいいアイデアだと僕らは思ったんだ。

(続く) slate1 /slt/→→

1a (粘板岩の)スレート 《屋根ふき用》.
b 粘板岩.
2 石板 《昔,学童がノート代わりに用いた粘板岩製の薄い板; 石筆で書いて消す》.
3 《米》 (指名)候補者名簿.
→a clan slte
→on the slte
→wpe the slte clan

1 石板質の,石板の(ような).
2 石板色の,ねずみ色の.

1 〈屋根を〉スレートでふく.→
2 《米》
a +目(+for+(代)名)〈…を〉〔地位などの〕候補者に立てる 《★通例受身で用いる》.→
b +目+to be補〈…を〉〈…の〉候補者に立てる 《★通例受身で用いる》.→
3 《米》
a +目+for+(代)名〈…を〉〔ある時に〕予定する 《★通例受身で用いる》.→
b +目+to do〈…に〉〈…させることを〉予定する 《★通例受身で用い,「〈…が〉〈…する〉予定である」の意になる》.→
古期フランス語「木の細片」の意; slaty
slate2 /slt/
《英口語》 (特に新聞の書評[劇評]欄で)〈…を〉〔…のことで〕酷評する,こきおろす; 〈人を〉しかりとばす 〔for〕.
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米) - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : アメリカTV アメリカン・アイドル 英語の勉強

<< マイケル・スレザックのThe Truthの真実インタビュー!(2/4) | ホーム | Katharine McPhee & Zachary Levi - Terrified >>


コメントcomment

ゆとびっちさん、おはようございます。

>(slateという単語を使っているところに注目)
ってそんな意味なんですか...詳細におしえてくださって有難うございます。複雑ですね。いろんな憶測ができますね。
ファンとしてはなんだかよくわからないけど、決定したのだから応援していくしかないですよね。
私個人としては“The Truth”は嫌いじゃないけど、まさかセカンドになるとは思っていませんでしたので、やはりとまどいはあります。「ファンの投票できめるよ。」とクリスは度々公言していたので、“The Truth”が優勢とは考えにくいし。

大人の事情があったのでしょう。クリスが納得したのなら支持するだけですよね! LLWDのような大ヒット曲にどうかなりますように。あれ、我々は新たにTTも歌えるように練習しなければならないですね! ラケヂさんとRitzさんにお願い~ですね。

やっほーぃ!

こんにちは!
朝、ざっと英文を流し見て、スレザーク!さすがグレートジョォォブと叫びながら出かけました(笑
帰ってきたらもう訳してくれてた!
yutovicさん、すごい!ありがとう!!嬉しいです!
今からゆっくり読ませていただきます~

Re: ゆとびっちさん、おはようございます。

> >(slateという単語を使っているところに注目)
> ってそんな意味なんですか...詳細におしえてくださって有難うございます。複雑ですね。いろんな憶測ができますね。

そんな意味を含んでないよって笑われちゃうかもしれないけどね(^_^;)

> ファンとしてはなんだかよくわからないけど、決定したのだから応援していくしかないですよね。
> 私個人としては“The Truth”は嫌いじゃないけど、まさかセカンドになるとは思っていませんでしたので、やはりとまどいはあります。「ファンの投票できめるよ。」とクリスは度々公言していたので、“The Truth”が優勢とは考えにくいし。

投票では、なかったよねーーーー。

> 大人の事情があったのでしょう。クリスが納得したのなら支持するだけですよね! LLWDのような大ヒット曲にどうかなりますように。あれ、我々は新たにTTも歌えるように練習しなければならないですね! ラケヂさんとRitzさんにお願い~ですね。

Ritzさんラゲヂさん聞いてる~~????(^_^)

Re: やっほーぃ!

> こんにちは!
> 朝、ざっと英文を流し見て、スレザーク!さすがグレートジョォォブと叫びながら出かけました(笑

もう、見た瞬間にこれは訳さなければ!!と。
テニスの用事がなくてよかった。

でも、いつも、思ったより時間がかかっちゃうんだ。
最初は、スレザックさんのページのHTMLソースをコピーして張り切っていたの。
でも、自分のページのレイアウトが乱れるし、結局最後はテキストだけになっちゃった。
(3つは、もとのソース貼り付けてあるんだけど、見かけに反映されませんねーー)

> 帰ってきたらもう訳してくれてた!
> yutovicさん、すごい!ありがとう!!嬉しいです!
> 今からゆっくり読ませていただきます~

あってるといいんだけど。間違っていたり、クックの部分とか知っていたら教えてねー。

コメントの投稿(「管理者にだけ表示を許可する」チェックマークにて、コメントされる場合は、連絡先の記入お願いいたします。)


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP