Recent Articles 最近の記事

タグリスト

カテゴリー

My little guitar girl

Playing Whataya Want From Me default (1)
Playing Alright With Me
*************************
クリス・アレンのラジオリクエストのお願い by Letterman

ブログ内検索

リンク

プロフィール

ゆとびっち

Author:ゆとびっち
英語が好きなのに、数学の方が得意で理系大学に。メーカーで研究開発業務につくが、2人目生むとき会社をやめ専業主婦に。TAE-BO歴8年。今はテニスばっかりやってます。リンク歓迎です。

お勧めページ

映画の感想って観た時の心境、年齢、期待、いろんなもので変わります。TVの予告は百害あって一利なし。ネタばれなしの前田有一さんの批評を映画を選ぶ指標にしてます。
息子のページです。拍手を楽しみにしているので、、、
娘のページ。小説だそうです。カンムーン星に住むカンガルーの話

アメリカンアイドル仲間5senseさんのページ!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード

最近のコメント

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・スレザックのThe Truthの真実インタビュー!(3/4)

Were you aware of the movement on Twitter where some of your fans changed their profile pics to elephants to pick up on the line in “The Truth” that goes “it’s the elephant in the room and we pretend that we don’t see it.” For some fans, it was their way of saying, “This song is not written by Kris. This is not the original version. And we are protesting.” And now that “The Truth” is officially the single, the elephant has maybe morphed into a show of support.

ツイッターでの動きに気づいてた?ファンの一部がThe Truthの“it’s the elephant in the room and we pretend that we don’t see it.”って詩にちなんでプロフィールの写真を象に変えたのを。
あるファンには、「この曲はクリスが書いてない。これはオリジナルバージョンじゃない。意義あり!」って主張する方法だった。
それが今は、The Truthがオフィシャルにシングルになって、象がサポートを示すものにおそらく変化してる。

I think it’s such a huge testament to my fans. I love my fans because they’re smart, dude. They get it. They get behind anything that I do. And so thank you so much to those people. They’ve really gotten behind this. I hope it takes off, I really do. I hope the song takes off.


あれは、ボクのファン達の膨大な聖書(tastementどう訳していいものやら)のようなものだと思う。自分のファンを愛してる。彼らは頭が良くて友達だもの。彼らはわかってる。僕のやることすべてをサポートしてくれる。だからそんな人々にすごく感謝している。
本当に、サポートしてくれている。うまくいくといいな。本当にそう思う。歌がうまくいくといいな。

Your own mother had an elephant as her Twitter icon.

君のお母さんもツイッターアイコンを象に変えたよね。

That’s my mom.


ママらしいや。

Did she want a Kris Allen co-write as the next single? Can we infer that from her elephant?

彼女は次のシングルをクリスアレン共同作曲の歌にしてほしかったの?彼女の象からそう推測してもいい?

Yeah, probably. She probably wants every song to be a song written by me. But she does like “The Truth,” though.


ああ、たぶん。ママはすべての曲をボクに書いてほしいんだ。でも、それでも、ママはThe Truthのこと好きだよ。

A lot of people were saying David Cook’s album — the label did not go with the David Cook-penned singles to launch the album. And now we’re seeing that happening with you. You wrote or co-wrote the bulk of the album, but the first two singles were not ones you had a hand in writing. Are you going to stamp your feet if the third single doesn’t turn out to be a Kris Allen co-write? Or is it a case of “whatever works at radio”?

たくさんの人たちがデビッド・クックのアルバムについて言ってる。
レーベルはアルバムを売り出すにあたって、デビッド・クックにフォーカスしたシングルでいかなかった。(クックの背景を知らないので、あっているかわかりません)
そして、今、君に起きたことを見てみるとよ。君はアルバムのほとんどの曲を作曲、共同作曲した、しかし、最初の2つのシングルは君が手をかけていない曲だ。
3番目のシングルがクリス・アレン共同作曲じゃない判明したら、君は地団駄踏むかい? または、”ラジオで効果的ならなんでもいいやー」みたいな感じ?

It’s a little of both, I guess. That said, the only other option on the album [where that scenario could play out] is “Written All Over My Face,” and I really don’t think [that's likely]. I was part of the writing process on every other song on the album [except "Live Like We're Dying," "The Truth," and "Written All Over My Face"]. So yeah, I think it’s a really, really, really good chance the next single will be something I had a hand in writing. [Laughs.]
ちょっとずつ両方かな、たぶん。アルバムで(そのシナリオに)あてはまるのは"Written All Over My Face"だけだし、そうなるとは思わないし、アルバムのほかの曲すべての作曲に関わってるし。
だから、そうだね。マジで本当に次のシングルは、ボクが作曲した何かになる可能性が大きいんだ!(笑)

They’re running out of options!

オプションは使いはたしてる!

Pretty much!


そのとおり!

Speaking of “Live Like We’re Dying,” you and I spoke shortly after its release, and at the time, it was a little bit of a slow build. But it really took off after — and eventually went platinum.

LLWDについて話そう。僕達は、リリースの後に短いけど会話した。その時は、ほんのちょっとしか売れてなかった。だけど、その後に、本当にうまくいったよね。なんと、プラチナだ。

To be honest, I was a little worried when it first came out and it wasn’t doing great. [Laughs.] But I think it’s just about working hard and getting people to hear the song, and then everyone started believing in it a little bit more. I remember getting a text from Keith Urban saying “I’m not gonna lie: The first time I heard that song I wasn’t crazy about it. But after a couple listens, I really, really like it.” And I mean, I think that’s how everybody felt about the song. And I think that’s a testament to a good song. You don’t have to love ‘em the first time you hear ‘em. It grew on people.


正直言って、最初はちょっと心配してたんだ。あまり売れなかったから。(笑)
だけど、がんばって、人々にこの曲を聞かせることができたらなんとかなるって思ってた。そして、みんながちょっとずつ信じ始めた。
キース・アーバンからメールもらったの覚えてる。「嘘じゃないよ。最初にこの曲を聴いたときはそんなでもないなって思ってた。だけど、何度か聞くうちに、本当に、本当に、気に入った。」
それって、この曲に対する皆の感じ方なんだと思うんだ。いい歌のあかしだよ。(またtestament)
最初はいいなって思わなくても、人々の中で育っていくんだ。
tes・ta・ment /tstmnt/→

1 遺言,遺書 《★通例 one's last will and ~ という》.→
2 [the T] 聖書.→
3
a 証左,あかし.
b 信条,告白.
ラテン語「証言」の意; testamentary
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米) - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : アメリカTV アメリカン・アイドル 英語の勉強

<< マイケル・スレザックのThe Truthの真実インタビュー!(4/4) | ホーム | マイケル・スレザックのThe Truthの真実インタビュー!(2/4) >>


コメントcomment

コメントの投稿(「管理者にだけ表示を許可する」チェックマークにて、コメントされる場合は、連絡先の記入お願いいたします。)


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。