Recent Articles 最近の記事

カテゴリー

タグリスト

ブログ内検索

リンク

プロフィール

ゆとびっち

Author:ゆとびっち
英語が好きなのに、数学の方が得意で理系大学に。メーカーで研究開発業務につくが、2人目生むとき会社をやめ専業主婦に。TAE-BO歴8年。今はテニスばっかりやってます。リンク歓迎です。

お勧めページ

映画の感想って観た時の心境、年齢、期待、いろんなもので変わります。TVの予告は百害あって一利なし。ネタばれなしの前田有一さんの批評を映画を選ぶ指標にしてます。
息子のページです。拍手を楽しみにしているので、、、
娘のページ。小説だそうです。カンムーン星に住むカンガルーの話

アメリカンアイドル仲間5senseさんのページ!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

IOWA コンサートレポート(プチ発見追加)

IOWA
ケールの口ひげ pornstache
WS000061_20100609221835.jpg

ある女の子(性別不明だけど)のコンサート記を元に:
http://captanddeastar.livejournal.com/17090.html

(クリスがそんなに好きじゃないことを羅列。残念ながら理解できないけど)
Miaさん訳どうもありがとう!魔法使いやら、王子やら、クリスのキャラクターとか出てきて、理解可能枠を超えました。背景に、彼女は有名なファンフィクションの作者というものがあるようです(^_^)
Miaさん訳
彼女はカジュアルなファンでインタビューは追いかけないけれど、アルバムは聞いていて、すごく好きな曲もあればそこそこの曲や嫌いな曲もある、と。そして2本クリス(とアダム)のファンフィク(スラッシュですね)を書いているので、ショーに行くとステージの上からクリスにそのファンフィクのことを見抜かれるのではないかと怖かったと。(笑)
なので実際のショーを見たら、クリスのキャラクターのことを忘れたというのは、自分の書いたキャラクター(アダムとアイオワで結婚したり、魔法使いのアダムにさらわれる王子だったりする、彼女の書いたクリス・笑)のことは忘れて、楽しむことができた



But when I was actually at the concert, none of that crossed my mind. I was totally caught up in Kris Allen, Performer, and forgot all about Kris Allen, Character. It was a huge relief!
でも実際にコンサートに言ってみると、まったく心にも思ってなかったのに、完璧にクリスアレンというパフォーマーに魅了された。


セットリスト
Can't Stay Away
Heartless/Gangsta's Paradise (cover/mashup)
Written All Over My Face
The Truth
Man in the Mirror (cover)
Send Me All Your Angels
Paranoid Android (cover)
Alright With Me
Bring It Back
Red Guitar
Is It Over
Live Like We're Dying
Come Together (cover)


A girl yelled, "I love you platonically!" in the quiet space between two songs, which I found simultaneously awesome and awkward - Kris said, "That's actually a very sweet thing to shout at the stage. I appreciate that!" and not in an ironic way, which endeared him to the audience forever.
これはAWMの前のバースデーの人を探す時のこと

Before "Alright With Me," Kris called up everyone whose birthday was today - three awesome young women - and first sang them "Happy Birthday," then gave them instruments to play up on stage with him during "Alright With Me." Only he ran out of instruments, so Cale had to get the last woman a towel to twirl and dance with. And let me tell you, that lady - 32 years old today, happy birthday! - WORKED IT. She was like, "I have a towel and I'm not afraid to use it for HOTNESS." It was super cool.
3人の誕生日女性に楽器を渡したんだけど、3人目の楽器はなかった。それをケールが機転を利かせてタオルを振り回せと渡す。(3:18)
One of the other women told Kris she was in love with him. He was great about it - by which I mean, he pretended to slowly drag his mike stand away, then gave her a hug and a tambourine and was like, "We're going to do a song now!"(4:21)女性の声やクリスの返答が聞こえないけど、マイクをまわしてる。ハグはないような??


Kris fell over. On his ass. In the middle of "Alright With Me" (my favorite song). Fortunately, he was not injured, so it was just hilarious. He tried to execute a smooth little twirl onstage with his guitar, and just plopped right down in the middle of all the electrical cords. He cracked up, picked himself up, laughed some more, and made jokes about it for the rest of the night, and promised he hadn't been drinking before the show.
転んだ時の様子。(7:29)おしりから転んだ。「ショーの前に飲んでないのに」と言った。




When he saw how people were jumping for the guitar picks, he ran all over the stage trying to find extra ones, and when he ran out of picks, he started throwing towels and balled-up pieces of sheet music, playing with the audience, trying to throw to specific people - side note to all you sports fans: he should not, repeat, not be allowed to throw the first pitch at any baseball games. It will not end well. His arm is... let's be kind and say that it's better suited to playing guitar.
(タオルはCome Togetherのときっすね。LLWDでもピックを投げるけど。最後野球のようにいろいろなげてて、失敗する5:17が可愛い)

And for an encore, he came out and did "Come Together" IN THE CROWD, THAT BRAVE MAN. I wasn't real close, and man, I could hardly see him, he was so mobbed with people - most of whom were taller than him, hah. His security dudes looked V. V. UNHAPPY, but he was chill, singing his heart out with a zillion people in his face and half of them taking cell phone pictures. It was awesome. I could not believe he dared it. He's pretty hardcore, man. Yes, Kris Allen. Hardcore. I said it.
またもや観客席に入っちゃったクリス。背が低いので、みえません。セキュリティがいい顔しないのに、かまわないクリス。




he is apparently a fan of the University of Arkansas Razorbacks, and almost made a crowd full of enemies tonight when he tried to make fun of the Iowa Hawkeyes (Iowa's Big Ten college football team, and pretty much a state-wide obsession.) He was like, "Okay, note to self, don't mock the Hawks. Unless they get moved to the SEC (same NCAA conference as the Razorbacks). Then it's WAR!!"
(これ、どっかでみたなぁ)

A guy randomly yelled, "Thundercats!" for reasons I suspect have to do with some sort of internet meme - Kris was not a hundred percent sure what the guy had said, and turned to his rhythm guitarist, Cale, and was like, "Do I have 'thunder calves?' Is that a thing?" which was incredibly adorable. Then someone told him it was "Thundercats," which mostly just confused him more.
これはまだ見つかってない

and--shit, shit, I almost forgot. He was giving this speech about how much he appreciated that we were all there, and he said, "I also appreciate you guys not laughing at me too much after I fell down there - you all could have said, 'This Kris Allen guy is a total poser' and walked out. But you guys gave me a chance and stayed. Or you stayed because you were hoping I'd fall down again." He shrugged. "Either way."
LLWDの前に言ってました!!



GROの証言Last, before I forget, the opening act, Green River Ordinance (let me reiterate, they were kick-ass) told us that in ten years in the business, they've met a lot of people, and Kris was one of the sweetest they'd ever met. "He's a sweet, sweet guy, and his band - they're all sweet people." I could believe it. He was very charming, unassuming, self-deprecating, and very honestly appreciative of the fact that people were there, that they were cheering
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米) - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : アメリカTV アメリカン・アイドル クリスバンドライブ クリス2010バスツアー

<< クリスの前座をしているGROのステージに乱入 Mobile | ホーム | Green Bay アゲイン コネタ SMAYA CT >>


コメントcomment

ゆとびっちさーん!!!いっぱい記事どうもありがとー!!!英語苦手だけどめっちゃ読んだわ!!!
こうも毎日毎日いろいろあっておもしろいよ~!!!
ほんっとにクリスはライブがいいね~
なんて楽しそうなんだ!!!お客さんも!!!

Re: タイトルなし

〆さんおはよーー

よく理解できないけど、なんか興奮が伝わって、ライブレポートっていいねぇ!!

なにより一番助かるのはクリスが言ってることをTEXTにしてくれていること!
映像とあわせると、彼女の記憶なもんだから、内容は同じでも言い回しがちがかったりするけど、感謝感謝!!

すごい!

ゆとびっちさん、こんにちは~。symmetroさん、はじめまして~。

ゆとびっちさん、今回もありがとうございます!私も英語、がんばって読みます!(^^)!
ゆとびっちさんならではの記事、これからも楽しみにしてますね。

クリスのライブ、実際に行くと相当いいんでしょうねえ・・・いいなあ。

オリジナルの記事を読んでみたのですが、彼女はクリスが好きでないわけではないようです。彼女はカジュアルなファンでインタビューは追いかけないけれど、アルバムは聞いていて、すごく好きな曲もあればそこそこの曲や嫌いな曲もある、と。そして2本クリス(とアダム)のファンフィク(スラッシュですね)を書いているので、ショーに行くとステージの上からクリスにそのファンフィクのことを見抜かれるのではないかと怖かったと。(笑)
なので実際のショーを見たら、クリスのキャラクターのことを忘れたというのは、自分の書いたキャラクター(アダムとアイオワで結婚したり、魔法使いのアダムにさらわれる王子だったりする、彼女の書いたクリス・笑)のことは忘れて、楽しむことができた、という意味なようです。(^^)

こんにちは!

ゆとびっちさん、symmetroさん、yohheiさん、Miaさん、こんにちは

おもしろい記事、ありがとうごさいました。

Miaさん
>魔法使いのアダムにさらわれる王子だったりする、彼女の書いたクリスのファンフィクション

A very magical kidnapping 書いた人ですか(笑)...これ、かわいくておもしろかった(笑)アダムの魔法使いもいい味で。時々実物のクリスと王子様がかぶって見えます(笑)



kururuさん>
私もコンサートレポートを読んでいる途中で、この人は絶対に "A very magical kidnapping" の人に違いないと思いました。(笑)ほのぼのしていておもしろかったですよね。珍しいくらい、メインキャラみんなが良い役柄で、感心したのを覚えています。個人的にアリソンの火の精がつぼでした。(^^)

Miaさんkururuさんこんにちは!!
へえぇぇぇー
私、ファンフィクションはまったく読まないのですよ。普通の英語だけでタイムオーバー(笑)
有名な方だったんですね。
Miaさん訳していただいてありがとうございます!

「クリスにそのファンフィクのことを見抜かれるのではないかと怖かったと。(笑)
なので実際のショーを見たら、クリスのキャラクターのことを忘れたというのは、自分の書いたキャラクター(アダムとアイオワで結婚したり、魔法使いのアダムにさらわれる王子だったりする、彼女の書いたクリス・笑)のことは忘れて、楽しむことができた、」
ここの部分が、ファンフィクの背景を知らないと私の英語力では、魔法使い?王子?でコンフュージョン状態になってしまったのです。なるほどねぇぇぇぇ。
そいでもって、読んだそのままだった(英語が理解できていた)ということがわかって、うれしい(笑)

yohheiさんこんにちは!うれしいコメントありがとうございます。すっごい励みに成りますぅぅぅ!!

ゆとびっちさん>
お邪魔しております~。このライブレポはどこかに投稿する予定で書かれたというより、自分のLJ読者向けだったようで、ファンフィクに縁のない方だと本当に「何のことやら???」という感じだろうなと思っておりました。(笑) 業界内のお約束や専門用語なども多いジャンルですので、特にお好きでない場合にはスルーされて何の問題もないかと…。そういう遊びもあるのねと、軽く流してやっていただければと思います…。(^^;

Re: タイトルなし

Miaさんまたもやありがとうございます!!

お礼遅くなってごめんなさいね~、ちょっと今優先順位高いものが他にあって。

コメントの投稿(「管理者にだけ表示を許可する」チェックマークにて、コメントされる場合は、連絡先の記入お願いいたします。)


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP