Recent Articles 最近の記事

カテゴリー

タグリスト

ブログ内検索

リンク

プロフィール

ゆとびっち

Author:ゆとびっち
英語が好きなのに、数学の方が得意で理系大学に。メーカーで研究開発業務につくが、2人目生むとき会社をやめ専業主婦に。TAE-BO歴8年。今はテニスばっかりやってます。リンク歓迎です。

お勧めページ

映画の感想って観た時の心境、年齢、期待、いろんなもので変わります。TVの予告は百害あって一利なし。ネタばれなしの前田有一さんの批評を映画を選ぶ指標にしてます。
息子のページです。拍手を楽しみにしているので、、、
娘のページ。小説だそうです。カンムーン星に住むカンガルーの話

アメリカンアイドル仲間5senseさんのページ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! 感動です!

Mr.ビーンって、流行っていた時、見てなかったのだ。
今回初めてローワン・アトキンスさんて方の顔を見ましたが、すんごい顔ですね。
年をとったから、もっとすごくなったんでしょうか?(1955年生まれだそうだ。)

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [DVD]Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [DVD]
(2008/07/09)
ローワン・アトキンソンエマ・ドゥ・コーヌ

商品詳細を見る


子供たちもMr.ビーンなど知らない。
状況が全くわからないので、「この人、おかしな人?(精神異常?)」と聞いてくる。

そうだよね。そうとしかおもえないよね。
きっと、子供たちは、これからどんな凶悪な犯罪が行われるのかおびえているに違いない!?

ビーンの行動に、紳士が列車に乗り遅れ、その息子が列車で一人に!!

うざ!このおやじ!!

顔もうっとおしいし、うざったく見ていたのだが、

ふと、思いがけず笑わされる。

しまった笑ってしまった。

そのうち、
あきらかに変なおやじと、その変なオヤジを避けることなく暖かく対応する人々という
この変な世界に身をゆだねることにして、
ふいに、笑わされる状況をリラックスしながら楽しんだ。

いや~、楽しかった。

映画監督に、ウィレム・デフォー出てます!

レストランウェイターのジャン・ロシュフォールは
「ロスト・イン・ラマンチャ」の悲劇の連鎖の発端となった俳優さんね。
(テリーギリアム、映画を作ろうとしたが、失敗。最初はロシュフォールの病気)

少年の父も、見覚えがあるんだが、、、。

あああ、、ボーン・スプレマシーのあの男か。
Karel Roden

娘がDVDに保存しておいて!って。

子供も大人も楽しめるいい映画でした。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

<< プレステージ  しっかり理解するためには | ホーム | カンナさん大成功です キム・アジュンの魅力満載 >>


コメントcomment

コメントの投稿(「管理者にだけ表示を許可する」チェックマークにて、コメントされる場合は、連絡先の記入お願いいたします。)


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP