Recent Articles 最近の記事

カテゴリー

タグリスト

ブログ内検索

リンク

プロフィール

ゆとびっち

Author:ゆとびっち
英語が好きなのに、数学の方が得意で理系大学に。メーカーで研究開発業務につくが、2人目生むとき会社をやめ専業主婦に。TAE-BO歴8年。今はテニスばっかりやってます。リンク歓迎です。

お勧めページ

映画の感想って観た時の心境、年齢、期待、いろんなもので変わります。TVの予告は百害あって一利なし。ネタばれなしの前田有一さんの批評を映画を選ぶ指標にしてます。
息子のページです。拍手を楽しみにしているので、、、
娘のページ。小説だそうです。カンムーン星に住むカンガルーの話

アメリカンアイドル仲間5senseさんのページ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記

キャラクターの説明もなく、唐突に始まる。
これって、2作目だったのね。

キャラクターを知らない私たちは、主人公の名前を覚えてもいない状態で、
それに主人公の祖先が出てきてかなり混乱。

説明もなく父親が出てくるし。(もう知っていることが前提だったのね)
そして、彼の元恋人や協力する若者も説明なく出てくる。

話にまったくついていけない娘に、説明する私も自信がない。
もう他の映画にしようか?と提案したが、息子は「暗号とき、謎解き」に興味があるというので続行。

キーワードがあると解ける暗号って言うのは「プレステージ」でも出てきたなぁ。

宝は、テンプル騎士団のもの???(ダビンチコードで、勉強したなぁ)

その宝を悪党の手に渡さないように、リンカーン暗殺者の日記を燃やした祖先。
しかし、ソレを燃やしたのは自分がリンカーン暗殺の首謀者だった証拠を消すためだとアビスのエド・ハリスが主張。
その汚名を晴らすには、宝が見つかればいいという。

そ、そうなの?????
しょうがない、ついていきます。

登場人物がとても豪華。
いや、私が古い人間で、エドハリスとか、アンジェリーナジョリーの父(ジョン・ボイド)とかは、もう過去の人なんでしょうか??
それとも、やっぱ彼らの出演料はお高くて、ディズニー&ブラッカイマーの大作のお金の影響で豪華??
お母さん役はエリザベスの人でしょう???

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 2-Disc・コレクターズ・エディション [DVD]ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 2-Disc・コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/06/04)
ニコラス・ケイジヘレン・ミレン

商品詳細を見る


エドハリス演じるウィルキンソンが持ってきた、紙片の裏側に見つけた暗号からフランスの「自由の女神」にいき、「自由の女神」に書いてあった情報から、イギリス女王の机にいき、そして、大統領の机に行き、大統領の秘密の本を読むのに頑張って、そして、ラシュモア山。

めまぐるしい~~。そしてどうしてそう解けるのが意味不明~~。

大統領パーティで、アメリカンアイドルでカントリーの週の指導者やってたランディトラビスが歌ってた。

そして、悪党ウィルキンソンの行動が意味不明~~!!
最後は、自分がささえて、みんなを助けて、いい奴ジャン。なんじゃそりゃ。

ラシュモア山を見て、
子供たち「なんじゃこりゃ!」
「本当にあるんだよ、これ。今度行こうか。」
そういう話題が出来る、映画、でした。うーむ。見る必要なかったかも。

**********

さて、「NEXT」では、ジェシカビールがニコラスケイジに惚れた理由がわからなかったわが娘(8歳)
「この映画では、あの女の人が、あのおじさんを好きになるの、わかった?」
「うん」
「どうして?魅力があった?」
「お金いっぱいもってそうだから」

末恐ろしい娘だ。
こういう感覚って言うのは、後天的につちかわれるの?
それとも、本質的にもっているものなの???

WOWOW放送録画 100インチスクリーン 5.1チャンネル 家族でわいわい鑑賞。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

<< ミスター・ロンリー ここで終わってくれるなってところで | ホーム | アメリカン・アイドル TOP10 >>


コメントcomment

コメントの投稿(「管理者にだけ表示を許可する」チェックマークにて、コメントされる場合は、連絡先の記入お願いいたします。)


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP