Recent Articles 最近の記事

カテゴリー

タグリスト

ブログ内検索

リンク

プロフィール

ゆとびっち

Author:ゆとびっち
英語が好きなのに、数学の方が得意で理系大学に。メーカーで研究開発業務につくが、2人目生むとき会社をやめ専業主婦に。TAE-BO歴8年。今はテニスばっかりやってます。リンク歓迎です。

お勧めページ

映画の感想って観た時の心境、年齢、期待、いろんなもので変わります。TVの予告は百害あって一利なし。ネタばれなしの前田有一さんの批評を映画を選ぶ指標にしてます。
息子のページです。拍手を楽しみにしているので、、、
娘のページ。小説だそうです。カンムーン星に住むカンガルーの話

アメリカンアイドル仲間5senseさんのページ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

LAタイムス その1を日本語にしてみた

クリスアレン LAタイムス インタビューその1日本語
Kris Allen LA times Ultimate Interview part 1 Japanese



間違いは指摘してください。

ザット読んでわかったきになるのと、人に読ませようと日本語にするのとは
まったく違うものですね。思っていた以上に時間がかかってしまったので、その2からその4をやるかわからないけど、、、、、。



○アメリカンアイドルシーズン8を見ていた誰もが、君がコンウェイで育ったと思っているけど、それは真実じゃないんだってのは本当?

ほとんど、ジャクソンビルですごしたんだ。高校はリトルロックだけど、大学入るまでジャクソンビルに住んでいた。そして、コンウェイに引っ越したの。

○音楽に関してもっとも幼いころの記憶は何?

家の中にいつも音楽があったよ。父はミュージシャンで、ギターをひいて、バンドにいた。
もっとも昔の記憶は、、6,7,8歳くらいにマイケルジャクソンのレコードを聞いたことかな。
たぶん、ダンジェラスだったと思う。
部屋で一人で踊ったり歌ったり、帽子をもって鏡の前でムーンウォークしようとしたり、出来なかったけど。
そのとき、父が入ってきたんだ。ストップした。父は僕を捕まえて、すばらしかったと思った。だから、ありがとうマイケルジャクソン。

○両親がもっていたレコードコレクションはどんなの?
父はたくさんCDを持っていた。僕はテープを持っていた。僕はダンジェラスさえもCDを持っていなくて、テープだった。

○両親の音楽は聴いたの?
子供のころ、両親が持ってる音楽をいっぱい聞いたよ。そのころカントリーに傾向していて、たくさんのGarth Brooksがあった。たぶん、僕の始めてのコンサートはRaba McEntireだ。アーカンソーで開かれたの。
そして両親は昔のロック、たとえばジャーニークイーンフォリナーみたいのを聞いていたな。ジャーニーを愛して育ったよ。ジャーニーの大ファンだ。

○お父様がいたバンドのこと教えて
ロック、、メタルじゃないロックだった。'80年大だったけど、もっと'70年代風で。バンド名はMaxxzoid.

○マックスって言う誰かにちなんで名づけられたの?
いや、父がリードシンガーだった。彼らがどう考えてなづけたのか知らないや。

○お父様にとっては趣味だったの?それてクラブで演奏したりしていたの?
若いころ、、、父が20,21の時に僕が生まれた。このあたりで。僕が生まれて、そういうの、ストップしたんだ。仕事しなくちゃいけなくて。

○そしてプロとして音楽を続けるのをあきらめたの?代わりに何の仕事をしたの?
父は車のディーラーになったよ。僕が子供のときから16,17歳くらいまでずっと。

○いつ初めて音楽を演奏したの?
父がギターを演奏したんで、13歳の時にギターを手に取った。もっと早くやればよかったな~と思うんだけど、何がおこるかわからなかったから。
夏、兄弟で留守番している時に、弟がプールに行った。そして、僕一人になって、ギターの弾き方を勉強した。僕はちょっとふくよかな子供でギターをどう弾こうか奮闘していた。弟はいつもプールに行ってた。誰も、僕が一日中していることを知らなかった。というのもギターを勉強しているところを誰にも見せてなかったから。その夏の後に、みんな、僕がギター弾けることを知ったよ。

(人に習わないで、自分で独学でもlearnを使うんだ)

○独学なの?レッスンはうけなかったの?
違う曲を練習しただけで、レッスンは受けなかった。

○ギターをはじめる前は、他の楽器を演奏していたんでしょう?
4年生の時にヴィオラを演奏し始めたよ。学校に何か楽器を演奏しなさいって言われて。オーケストラにいたんだ。バンドじゃなくて。

○どうしてヴィオラを選んだの?
友達の一人が選んだんだ。そのとき親友だったものだから、僕は彼に言った。「君が演奏するのと同じのやるよ。」友達は結局上達しなくてやめちゃったんだけど、僕はそのまま高校まで続けた。
It was one of those things where I liked it a lot, and then at the end of high school, playing a viola is not too cool. どういう意味だろう。。。
高校は大好きだった場所だ。だから高校の終わりにヴィオラを演奏するっていうのはかっこ悪かったね。
または
ヴィオラを演奏するのは大好きだったけど、高校の終わりにヴィオラを演奏するって言うのはかっこ悪かったね。
どっちでしょう。

○フットボールチームのキャプテンするのと違うよね
そのとおり。信じてよ。僕はクールになろうとしてた。野球チームにはいってがんばったり。だけど、ヴィオラを演奏することは世界で一番クールなことではないんだ。大学に入る直前にやめたよ。

○何故そんなぎりぎりまで演奏し続けたの?
なんでだろう。いくつか理由があると思うんだけど、、やらなきゃいけないと感じていたし、イヤだったわけじゃなかったし。
音楽は、僕が関わっていたいと思っているいろいろなことのひとつだったし。13歳になるまでギターの弾き方を知らなかったし。だからそれまでヴィオラは音楽の隙間を満たしていたんだ。

○学校のオーケストラって、それは授業だったの?それとも部活?
授業だよ。でも、違うフィールドへの旅行やコンサートもあった。そこではすべての地域、すべての州が集まってた。

○だからあなたはアメリカンアイドル以前に音楽の競演会の中にいたんだね。
州で3番目になったよ。たしか。悪くなかった。

○ヴィオレストとして、クラシックだけを演奏していたの?
そう。全部クラシック。カルテットの中にいたんだ。そして結婚式で演奏したり、ビートルズを演奏したり。それはクールだったよ。

○いつ?そして結婚式では歌ったの?
Around the end of high school, junior or senior year.
高校の最後のころだね。ジュニアかセニアか。演奏してただけで歌ってない。

(ジュニアハイスクール=中学、セニアハイスクール=高校、と覚えていたけど、ここでは違うようだ。)



○結婚式で覚えていることは?
バッヘルベルのカノンをいつも演奏した。みんな希望するので。一度、人の結婚式をぶちこわしにしたことがあったなぁ。15,16歳のコロで、サボって練習しなかったんだ。そこに行ったんだけど、ほんとにひどい演奏して。お金を払ってくれたけど、メモをくれて、そこに「あなたたちは私たちの結婚式をぶちこわしたわ」って書いてあった。とても悪いことをしたよ。

○高校のミュージカルを作ろうとしなかったのかい?
しなかった。音楽はアーカンソーでは大きな市場はないんだ。音楽の才能を持つ人がいっぱいいるのに悲しいことだよ。
スポーツしてたから、それほどやりたくなかったんだ。ほとんど野球してた。野球を極めようとしてた。たぶん両親も同じようにしてたと思う(?)。一度にたくさんのことに取り掛かれないんだ。そういうの苦手で。

○大学で何を専攻したの?
数年、専攻は決めなかった。最後までやりとげたら、何かみえてくるだろうって考えてた。だから普通の教育系は全部取った

○そのとき、生きるために何かをしたいとか考えはなかったの?
音楽は演奏したかった。大学フレッシュマンの時、音楽が本当にやりたいことなんだと気づいた。音楽を書いて、演奏して。だから、そこから始まった。そのときからみゅ0時シャンになろうと必死に頑張った。本当になりたいのはそれだけだった。資格をとるために大学にいるだけだった。大学は好きだけど。すばらしい経験だった。


○両親は、「音楽はすばらしいよ。でも、人生のバックアップ計画も必要だよ」って言った事はある?
うちの両親はかっこいいよ。音楽やれってプッシュし続けていたよ。ほとんどお金にならない時もあったから僕がお金をいくらかせぐかなんてことまったく気にしないで僕がやるべきことみたいに両親は感じていたんだ。だからこの点に関してはいつも僕の影にいた。とてもすごいことだよ。

There are times when= sometimes, at certain moments
in this regard = この点にかんして

○大学の時に、ローカルギグで演奏sしたの?
大学2年の時にファーストコンサートをひらいた。コンウェイのダウンタウンの真ん中にある小さなバーのオープニングやったんだ。たくさんの人がきて、そこは満タンになった。だけど、それがそのバーが開いたただ一日の夜になっちゃった。オープニングとクロージングを同じ夜にやったのさ。

○それはあなたのせいじゃないでしょう?
ボクタチノせいかわからない。とてもよい夜だったと思うし、みんなもそういうし。そのときこれを続けて他の場所で演奏しようっていう勇気を得ることができた。数曲入ったEPをその男の家で作った。CDの音はひどいもので。その装置がよいものじゃなかったんで、僕の歌はまじめにベストじゃなかった。勉強になったよ。曲を書いたら、何がよいか、何がわるいみきわめなきゃいけない。だけどいろんなところで演奏し始めて、どんどんどんどんよくなっていった。そして最終的には大きな場所で演奏して、10曲入ったましなCDを作ることができたんだ。

○Wikipediaによると、600しか作らなかったって書いてあるけど。
まったく意味がわからない。たぶん間違ってることを願うよ。このVDのために10か11のショーを開いたんだ。大量には売れなかったけど。いまやみんなに上げてるよ。だけど、何よりも、帰ってこの曲らを聴くと、自分にたずねるんだ。「何考えてた?」

○全部自分で書いたの?
僕が全部書いた

○バンドの一員になったことは?またはずっとソロ?
バンドでやったことはない。いつも、僕。一緒に演奏するバンドはいるんだけど。彼らはすばらしいよ。

○高校のとき、曲をかかなかったの?
うん、曲を書くなんていうことおもいつかなかった。何故だかわからない。もっと早くスタートしていればよかったなぁと思うけど、後悔はしてないよ。大学に入るまで曲はかかなかった。


○学校のヴィオラのかたわら、きちんとした音楽のレッスンはうけなかったの?
うけてない。歌ってただけ。コーラスレッスンも、ボイスレッスンも、そんなようなもの何も受けてない。たぶん必要としてたんだろうね。今、レッスン受けてるよ、そしてとても助かっている。

○大学をやめて、ゴールは何?
3年の途中で中退した。フルレングスのCDをリリースしたタイミングで。
それで何かが起きることを期待してたんだ。こんなことが出来たのも、僕の周りの人たちがとてもよい人ばかりだったから。フルタイムの仕事ももったよ。

○どこがあなたをやとったの?
Hibbett Sportsっていうスポーツグッズの店で売り子をやった。僕がそこにいたとき、とてもいいところで。週に40日働いて、夜に音楽kをやっていた。

○クラブやバーで演奏したの?
そう。あと練習したり、曲書いたり、違う日に演奏するバーに遊びに行ったり。

○コンウェイにはいっぱい演奏するクラブがあるの?
ひとつだけ。でも、そこは若いバンクバンドの場所なんだ。僕にはあわなかったんで車で30分ドライブしてリトルロック行ってた。もう少し遠くのFayettevillwにいった。たまに、頼まれて結婚式でやったり。イヤっていえないタイプなんで。

○奥さんのケイティとはいつ会ったの?
小学校からお互いを知っているよ。彼女は弟と同学年で一学年下。僕と一緒でオーケストラにいて、ヴァイオリンを弾いていた。全地域(?all-region)オーケストラ旅行で一緒だったんだ。全地域で通用するくらいうまいけど、彼女はきっと、あまりうまくないって言うよ。
実際そんなにうまくないけど、でも、それでいいの。彼女はうけいれているの。それでバスに乗ってしゃべって。そんなことが重なって。そしてこうなった。

(ケイティのインタビューの方が、二人の出会いはすごく詳しい!!私の記憶だけで書いちゃうと、13歳のケイティの誕生日パーティに弟のダニエルを招待していた。クリスは参加しなかったけど、お母さんと一緒にダニエルを迎えにきた姿をみて、「ダニエルのお兄ちゃんかわいい!」って思った。
そして、クリスの家族旅行に、数名の子供たちを招待したんだけど、参加できたのはケイティだけだった。そして、後部座席でケイティを挟んでダニエルとクリスが座った。そのとき、コヨーテアグリーの曲をクリスとケイティが一緒に歌った。そのとき二人に何かが起こったとダニエルは語ってる。そのままつきあい続けたわけじゃなくて、別れたり、またつきあったり、していたらしい。)

○じゃあ結婚する前に、数年一緒にいたんだね?
何度か破局したんだ。僕が大学に行って、彼女がまだ高校の年にまた付き合いだした。だけど、去年結婚するまえに7年一緒にいたって(僕達は)いうことにしてる。

○恋愛と結婚は曲に影響した?
うん、どんな経験も人をよくするものだよ。そして、ソングライターとして、どんな経験も曲をよくするものだと思うよ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米) - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : アメリカTV アメリカン・アイドル ケイティ・アレン

<< dekamitさん、これでなんとか、、 | ホーム | マットにFAYGOを送ったHEROESのエル >>


コメントcomment

はじめまして

はじめまして。いつも閲覧させていただいています。
クリスファンのブログは私の知る限りこちらだけなので
大変助かっております!
貴重な翻訳クリスインタビュー、食い入るように、噛み付くように読ませていただきました。
はじめて聞く話が多くて嬉しい・・
(あ、以前クリス目が悪いかも?とお書きになっていましたが、ハリウッドウィークでも眼鏡後姿が一瞬映っていました。夜にマットとグループ練習しているところです)

くりさんはじめまして!コメントどうもありがとうございます。
クリスのブログ、ここだけですか!?実は最近国内検索してないので私も詳しくなくて。
ってことはーー、「日記」じゃなくて「クリスアレン」って名前にしちゃってーーー、ファンブログとしてクリスにアピールしちゃおうっかなーー。

こんな翻訳でも喜んでもらえるなんて、すごく嬉しいです!俄然やる気が出てしまって、子供たちほっぽらかしで2つめにとりかかりました。

またコメントよろしくお願いします!!

すごい!そうだよー
人に読んでもらう日本語に変えるのはほんと じかんがかかる!
すごいよー長文!

ファンブログつくって~!

うちの検索キーワードは Kradamが一番なので
7月、8月とも。
きっと にほんのクリスファンの方だと思うの。



5senseさんおはよう!

昨日はFC2書き込み画面に直接入力していたら、ちょっとアクセス遅くて余計に時間がかかった。
パート2は、スタンドアロンでTEXT入力しているの。あとでコピー&ペーストだ!

ファンブログ、、
したい気持ちと(クリスに近づけるかもという思惑)、
そこまで看板しょえない気持ちとぉ(責任回避)。

天秤にかけてます。

コメントの投稿(「管理者にだけ表示を許可する」チェックマークにて、コメントされる場合は、連絡先の記入お願いいたします。)


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP