Recent Articles 最近の記事

カテゴリー

タグリスト

ブログ内検索

リンク

プロフィール

ゆとびっち

Author:ゆとびっち
英語が好きなのに、数学の方が得意で理系大学に。メーカーで研究開発業務につくが、2人目生むとき会社をやめ専業主婦に。TAE-BO歴8年。今はテニスばっかりやってます。リンク歓迎です。

お勧めページ

映画の感想って観た時の心境、年齢、期待、いろんなもので変わります。TVの予告は百害あって一利なし。ネタばれなしの前田有一さんの批評を映画を選ぶ指標にしてます。
息子のページです。拍手を楽しみにしているので、、、
娘のページ。小説だそうです。カンムーン星に住むカンガルーの話

アメリカンアイドル仲間5senseさんのページ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

LAタイムス その3を日本語にしてみた

クリスアレン LAタイムス インタビューその3日本語
Kris Allen LA times Ultimate Interview part 3 Japanese


またもややってみたけど、かなーり、怪しいです。



○君はよく知られている曲を君自身のアレンジで披露することでよい評判を得ていたね。いつもやっていたことなの?

そう。バーで演奏して3時間演奏しなきゃいけないとき、みんなが知ってる曲を演奏する必要がある。ただ有名な曲を演奏したいと思ったことはない。人々に「この曲をこう歌うなんてクールだ」とか「この曲をこう演奏するなんてクールだ」」って思わせたいんだ。だからそれがパフォーマーとしていつもやることなんだ。

○クラブで演奏している時にアレンジした(interpret:翻訳)曲のうちのいくつかは何?

よく「マン・イン・ザ・ミラー」をやったよ。TOP36の夜に歌ったやつ。R&Bの歌は、ギターをもった白人の男から聞く人々の反応をみるのが面白いし。

マンインザミラーはある理由があって僕に影響するんだ。。よいメッセージがあるし。マイケルジャクソンだし。すばらしい歌だ。その週にやりたい曲は数曲あったんだけど、使用許可(clearance)の問題で出来なかったんだ。300もの曲のリストに目を通したけど、その曲はそこになかった。そのリストのどれもやりたくなかった。もっと曲はあったかもしれないけど、どれもやりたくなかった。頭に「マンインザミラー」が浮かんで、「これでやってみよう」って思った。

○"Ain't no sunshine"や"Heartless"を君自身のものにするプロセスを言ってくれる?

オリジナルアーティストがやったような歌を完璧に忘れるんだ。それでその歌をフレーズや、コードや、フィーリングやらでどのように演奏するか考える。そんな全部が一緒になってくる。頭の中で鳴っているみたいなものを聞いて、作業をすすめるんだ。

○じゃあ音を出す前に、頭の中で自分のバージョンを聞くんだね?

一度頭の中で聞いたら、ギターを使って演奏して歌い始めるよ。歌に聞こえるけど、他の人がやったような風じゃないんだ。前に誰もやってないようなものを望むよ。こんな風にやってる。奇妙なのがいいんだ。

○このシーズンに披露したほかの曲について聞かせてくれる?Grand Ole Opryの週には" To make you feel my love"を歌ったね。

When I got onto the live show, it was one of those songs I wanted to do and I was hoping a week would come up where I could sing it.
ライブショーの時は、やりたい曲っていうのはそういう歌の中のひとつで、それが歌える週がくるのを望んでるよ。(自信ない)
その歌はカントリーウィークでとても効果的だった。ちょっとだけシステムにそむいたけどね。だってボブディランはカントリーじゃない、けどもガースブルックス(カントリー歌手)が前にやったからさ。

○じゃあガースブルックスのバージョンを知っているの?
うん、いまだかつてもっともかわいらしい曲のひとつだよね。

○"Ain't no Sunshine"についてだけど、Bill Withersがヒットさせたパフォーマンスについてもっと教えてくれる?

ギターで演奏して、その次の週は何も演奏しなくて、、、それで、思ったんだ。「ピアノ弾いたらどうなるだろう?」長いことピアノ弾いてなかったから決められなかった。「たぶんだめだ、いや、いいかも」その週は曲を選ぶのにすごく苦労して、それで演奏し始めたらアダムが部屋に入ってきて言ったんだ。「そのコード構造(chord structure)だとそれ本当にクールに聞こえる。」で、彼その曲をやるの、励ましてくれて。僕の友達も数名同じ反応だったし。それを違うようにしたかったし 人々をその曲なんなんだって感じるようにしたかったし。なんたってすごく人の心をつかむ歌だし。出来るだけ現代的にしたかったんだ。だから頭の中にビジョンが浮かんでどんどん進展した。確かに、もっともお気に入りの曲だよ。

○ディスコウィークはどうだったの?そのテーマを発見した時に何が頭に浮かんだの?

はぁ!?(crap)って。
その前 数週間は曲を選ぶのがすごく大変な週が続いたんだ(A couple weeks before, they were having a hard time figuring out the theme for that week :koyumiさんのところを読むと、この週のテーマがなかなか出てこなかったとき、とある。ああ、確かに、そうか。)。で、アダムがこんな風に言った。「ディスコウィークをやりたいな」で、僕は言った。「アダム!そんなのやだよ!そんなこと言わないで!」アダムのおかげかどうかしらないけど、ディスコウィークはいい気持ちじゃなかったね。ディスコのファンじゃないもの。何曲か聴いたことあるのあったけど、ほとんどの奴は何の意味もなかった。それは僕じゃないんだ。だから、考えたよ。「ピンと来るよう(flip)な何かストーリーのあるディスコ曲はなんだろう?」
"She works hard for the money"はストーリーがあった。他の誰がやったのより違う感じに仕上げて、それがとてもよいチェンジオブペースになって効果があったと思うよ。たくさんの友達が、「だめだめだめ、そんな曲はやるなよ。ひどいことになるぜ」って言った。
But when I feel like I’m supposed to do something, I go with it.
だけど何かに支えられているって感じた時はやりとげちゃうんだ。(?)
その曲やるなって言う人はもういなくなった。とても面白かったよ。楽しいね。

○オリジナルアレンジってところで他の曲よりチャレンジしたものだったの?

そうともいえないな。だって、シンプルにしていって、詩とメロディを際立たせたんだもの。(なぜwe?)

○君の最高のパフォーマンスについて話そう。TOP3のショーで「コンテスタンスの選ぶ曲」に君はハートレスを歌った。カニエウエストのヒット曲で、フレイにもレコーディングされている。

その週は何を選んでもよかったんで、自分に聞いてみた。「何がやりたい?」レコードを聴いて考えた。「この曲やったらどうだろう?」友達の何人かは、「まじめにすごくかっこいいぜ」って言った。

○カニエのアルバムを聞いたの?
カニエのバージョンは聞いてたよ。そのCDの全曲好きで。すばらしいよ。何人かに意見を聞いたよ。アダムと僕はお互いアイデアを出し合っていたから彼に聞いた。「カニエのハートレスをやったらどう思う?」彼は言った「それは天才的だよ」それで行こうって言う自信をくれたんだ。で、ほんとの話、一度取り組み始めると、やり遂げるのは簡単だった。自分風に演奏して、自分風に歌っただけだもの。

○そのパフォーマンスには、ものすごい反響を得たよね。

そうそう!たくさんの人が熱狂した。それって僕にとってすごくおかしな感じだった。だってショーでやったことの中でもっとも簡単なことだったから。 でも、納得いったよ。簡単に出来ちゃうことって言うのは、上手に出来るってことだからね。

○アメリカンアイドルで優勝する戦略はあったの?

僕の戦略は自分の特徴を際立たせること。高音をもっている歌手じゃないし。
それに、違う曲で気持ちを変えていった。そしてお互い競争したりしなかった。それが一番の戦略って感じているよ。他のだれとも自分を比べない。だって僕達みんな違う意味ですばらしいんだもの。

○ファイナルでは何が頭をよぎっていたの?その瞬間、何が起ころうとも、君とアダムは共に成功の道を進むって思い知らされた。

僕とアダムはすごくいい友達だから「勝てるといいな」って感じじゃなかった。「アダムが勝てば、すごく幸せだろうな」。って思ったよ。
まじめな話、TOP2に入ればそれでよしっていう精神状態になるんだ。ファイナルに残れたら、他に何やることがある?勝てればうれしいけど考えてみて、アダムが彼のことをやって、僕は自分のことをやって、それって、まったく完全に違う世界なんだ。
But we had been telling each other nothing’s going to be different about it.
だけど、それに関しては何も変わることないよねってお互いに言ってた。

○優勝した瞬間、何が頭によぎった?

ちょっとショックだった。でも、じわじわと「やった、このシーズンが終わった!って感じになった。「このコンテストにはたくさんの浮き沈みがあったからすべてが終わったことがとても嬉しかった。あと、ちょっとだけ「歌わなきゃいけないんだ」みたいに思った。その瞬間に頭をよぎったのはそれだけだね。

○そのショーの後の週に君の名前がビルボードチャートをかけめぐったね。それは何か意味があった?

僕とアダムの曲はビルボードチャートに9曲入ってたと思う。信じられないよ。4ヶ月前は、何もなかった。だから、それが始まった瞬間、みたいな感じ。
最初の曲だ。ビルボードチャートに初めて入った瞬間で、そこに5曲ある。クレージーだよ。

○で、iTuneのチャートではNO1だね

誰かにメールもらった。「NO1の曲、NO1のビデオ、NO1の着信メロディをもった感想は?」

○そのメールを見たときにはすでに一番になったって知ってたの?

いや、そんなこと思いもしてなかったよ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米) - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : アメリカTV アメリカン・アイドル

<< ロック・ユー ! 音楽がいい | ホーム | 2009キャンプ >>


コメントcomment

こんばんは。怒涛の連続翻訳、ありがとうございます!

アレンジのことはずっと聞きたかったんです。

どういうことがクリスの中で起きて出来るのか?と。

クリスは剛速球投手じゃないですけど、たまに魔球投げますよね。
今までそれどうやったの?偶然?って気になってたのですが、意識的に出来るんだと知ってますますクリスが好きになりました。

オリジナルアルバムも楽しみですが、それとは別に全曲カヴァーのアルバムも出して欲しいです!

くりさんこんにちは!!

そうですね。。たしかに!!
オリジナルより、全曲カバーっていうの、すごくいいものになりそう。。。。!!!

オリジナルのBrand New Shoes聞きました?
http://yutovic.blog119.fc2.com/blog-entry-551.html

11月のアルバムがプロがつくのでだいじょうぶと思うけど、どうも盛り上がりがなくて。

Bland New Shoes 聞きました。
今日改めて聞いてみて、そうなんですよね、今ひとつパンチが効いてない感じですよね・・。

11月のアルバムがこんな感じだったら脱臼するくらい肩すかしなんですけど、決して嫌いではないし、好きな曲もいくつかあります。(lovelyとか)

23歳大学生が一人で作ってこれぐらい+クリスこの1年の成長+プロの力=でいい作品になると信じたい。

私が一番恐れてるのは、偉い人がそのプロに「ポケットアイドルはローティーン層向けの感じでよろしく」って指令出してないかってことなんですけど。

ああああー、くりさん、パート4でそのへん語ってます。
やっぱ、プロがつくけど、その結果の中間点っていうのが、主張の度合いっていうのが難しいみたいですね。
でも、私的には、しっかり、商業的な作品にしてもらいたい。特に今回は。しばらく我慢して、地盤を作ってから、好きなことやってもいいと思う。
それで潰されるたまじゃないと思う!クリスを信じる!
ここでBrand New Shoes的なものはだめ!

コメントの投稿(「管理者にだけ表示を許可する」チェックマークにて、コメントされる場合は、連絡先の記入お願いいたします。)


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP